アルモドバル監督、新作で「ボディ・スナッチャー」風SF映画に挑戦? : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2012年11月24日 > アルモドバル監督、新作で「ボディ・スナッチャー」風SF映画に挑戦?
メニュー

アルモドバル監督、新作で「ボディ・スナッチャー」風SF映画に挑戦?

2012年11月24日 21:30

SF映画への挑戦を考えているペドロ・アルモドバル監督「ボディ・スナッチャー/恐怖の街」

SF映画への挑戦を考えているペドロ・アルモドバル監督
写真:LNC / Mark Feldman/Camera Press/アフロ
[拡大画像]

[映画.com ニュース] スペインの鬼才ペドロ・アルモドバル監督が、将来的にSF映画に挑戦したいと考えていることがわかった。

アルモドバル監督は11月18日、英ロンドンで行われたBAFTA主催の講演会で自身に影響を与えた映画について語った際、ドン・シーゲル監督作「ボディ・スナッチャー/恐怖の街」をはじめとする1950年代のSF映画について言及。「私にはまだ、SF映画を作るのに充分な若さがあると思う。すでにアイデアはある」とコメント。「とてもあり得ないような事象を、リアルな日常生活のなかで描きたい」と意欲を語った。

すでに着手している数本の脚本のうち、1本はSF映画だというアルモドバル監督。しかし、「脚本家というよりも小説家のように執筆する」ため、脚本の完成や撮影がいつになるかはわからないそうだ。

ちなみに、前述のレクチャーではほかに、ジョン・カサベテス監督「オープニング・ナイト」、イングマール・ベルイマン監督「秋のソナタ」、ジャック・アーノルド監督「縮みゆく人間」などが紹介されていたという。

アルモドバル監督の次回作は、ペネロペ・クルスアントニオ・バンデラス主演のコメディ「Los amantes pasajeros」で、現在ポストプロダクション中。13年3月にスペインでの公開が予定されている。

私が、生きる肌[Blu-ray/ブルーレイ] 私が、生きる肌[Blu-ray/ブルーレイ] 最安価格: ¥3,292 天才的な形成外科医ロベルが夢見るのは、かつて非業の死を遂げた最愛の妻を救えるはずだった“完璧な肌”を創造すること。そのため、画期的な人工皮膚の開発に没頭していた。やがて良心の呵責を失ったロベルは、監禁した“ある人物”を実験台にし、亡き妻そっくりの美女を創り上げていく─。巨匠ペドロ・アルモドバルが辿り着いた究極の問題作。R-15+指定作品。
ダーティハリー 特別版[DVD] ダーティハリー 特別版[DVD] 最安価格: ¥927 サンフランシスコ警察殺人課のハリー・キャラハン。犯罪者への執念と非情なやり方で“ダーティハリー”と呼ばれる刑事の活躍を描いたポリスアクションの傑作。監督:ドン・シーゲル

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi