「ミロクローゼ」石橋監督が提言する映画づくりにおける「意識の問題」 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2012年11月22日 > 「ミロクローゼ」石橋監督が提言する映画づくりにおける「意識の問題」
メニュー

「ミロクローゼ」石橋監督が提言する映画づくりにおける「意識の問題」

2012年11月22日 15:47

画像1

メガホンをとった石橋義正監督
[拡大画像]

“登場するのはマネキンのみ”という奇抜な設定で、国内外で話題を呼んだ短編ドラマ「オー!マイキー」の生みの親、石橋義正監督。映画監督や映像作家としてだけではなく、パフォーマンスグループ「キュピキュピ」を主宰するなど、多岐にわたる表現活動を行っている。最新作「ミロクローゼ」では、3人の男が愛に翻ろうされる異色のラブストーリーに挑んだ。今作の公開を間近に控えた石橋監督に、ものづくりにかける思いを聞いた。

俳優・山田孝之がおかっぱ頭の外国人青年オブレネリ・ブレネリギャー、隻眼(せきがん)の浪人・タモン、愛の伝道師・熊谷ベッソンという奇想天外な役どころを1人3役でこなし、物語は矢継ぎ早に展開する。「人間には弱さや凶暴さなどいろいろな面があると思うんです。違う人物として描きながら、作品を見終わった後にひとりの人物像を想像できる映画づくりができないかと思い、ひとりの役者が3人を演じ分けるということにチャレンジしました」と振り返る。

石橋監督は、山田が放つ独特のオーラに魅力を感じたという。「昔ながらの男の色気がある俳優にやってもらいたかった。最近はモデルのようなスマートな男性が多くなってきているので、一見して男くささを感じられる人を探していて、山田孝之の目を見たときにこれだと思った」と出会いから手ごたえがあった。現場でも「ものづくりに対して前向きな人で、俳優という立場でありながらつくり手の意識が強い。あまり多くを語る人ではないけれど、どうやっていい作品にしようかという考えを、自分のなかでつくり上げて臨んでくれる」と信頼を置いた。

今作で描かれる3つのストーリーの根幹には、“恋愛”がある。「恋は世のなかのすべてのことの始まりだということがわかった」というタモンさながらに、「恋をすることはすごく大事なことだ」と持論を展開。「最近は自分のなかで完結できる楽しみが多く、人と接することで考えたり、異性と感情のやり取りをして楽しむことが少なくなってきている気がする。この作品には『恋をしましょう』というメッセージが込められています。基本的なことだけれど大事なことで、今自分がつくっておくべきテーマだと思ったんです」と振り返る。「作品のテーマは常に変わっていきますし、『オー!マイキー』などブラックジョークの作品もつくっているけれど、どれだけ尖った作品やエッジの効いた作品であっても、そのなかに愛を感じられることを大事にしています」と譲れない信念を語る。

ミロクローゼ」は、11月24日から全国で公開。

OH! Mikey Romance[DVD] OH! Mikey Romance[DVD] 最安価格: ¥2,202 アメリカ人のマネキンファミリーがブラックジョークを繰り広げるコメディ!!新キャラクターの登場をはじめ、南出くんのパパの初お目見えやエミリーの初恋など、これまで語られなかったストーリーが満載!!監督、脚本、撮影:石橋義正
勇者ヨシヒコと魔王の城 DVD-BOX[DVD] 勇者ヨシヒコと魔王の城 DVD-BOX[DVD] 最安価格: ¥12,147 世界一バカバカしく、世界一くだらない。しかし世界一感動するかもしれない勇者の旅!出演:山田孝之

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

  • ジャスティス・リーグの評論 ジャスティス・リーグ ユーモアのリミッター解除。DCのスーパーヒーロー集結は王道の勧善懲悪が爽快!!
  • 希望のかなたの評論 希望のかなた フィンランドの心優しき酔いどれ詩人が紡ぐ、明日への希望
  • 光(大森立嗣監督)の評論 光(大森立嗣監督) この抜き差しならない悲劇は、不可解な問いかけとして観る者の内部に深く沈殿する
映画評論の一覧を見る
Jobnavi