山田洋次、監督生活50年で初のラブストーリー挑戦 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2012年11月20日 > 山田洋次、監督生活50年で初のラブストーリー挑戦
メニュー

山田洋次、監督生活50年で初のラブストーリー挑戦

2012年11月20日 06:00

山田洋次監督と「小さいおうち」原作の書影「小さいおうち」

山田洋次監督と「小さいおうち」原作の書影
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 文化勲章を受章した山田洋次監督が、中島京子氏の直木賞受賞作「小さいおうち」の映画化で、監督生活50年で初となるラブストーリーに挑戦することがわかった。オールスターキャストで製作した「東京家族」の公開(2013年1月19日)を前に、早くも次回作が決定。製作意欲は衰え知らずで、その動向からますます目が離せなくなった。

原作を読んだ山田監督は、登場人物のひとりである恭一に「これは、ぼくの物語でもある」と自らを重ねたと言う。今作は、大学ノートにつづられた“小さいおうち”での小さな恋愛事件を通して昭和、平成の東京と地方都市の暮らしを丁寧に描いた良作だ。

母べえ」で昭和の家族、「おとうと」「東京家族」で平成の家族の姿に迫った山田監督が、自らが生きてきた昭和と平成、ふたつの時代の日本を描く。製作決定に際し「昭和から現代までを舞台に、その時代に生きた人々の気持ちのあり方や、人間関係ひとつひとつのかかわり方を描き出したいと思います」とコメントを寄せている。

小さいおうち」は、生涯独身を貫いた布宮タキの死後、面倒を見ていた姉の孫・健史が数冊の大学ノートを見つけるところから始まる。ノートには、タキが戦前に女中として仕えていた、東京の赤い三角屋根の小さいおうちでの出来事がつづられていた。玩具会社に務める“旦那様”と妻の時子、5歳になる恭一ぼっちゃんと暮らすタキは、美しい妻・時子にあこがれを抱くようになる。そんな折、旦那様が会社のデザイン部で働く青年・板倉正治を家に招待。芸術肌の青年の出現に時子とタキは沸き立つが、徐々に戦況は悪化し、それぞれが抗えない運命に翻ろうされようとしていた。

配給の松竹によれば、注目のキャストは今後発表していく。脚本は、山田監督と平松恵美子氏が共同で執筆。13年3月1日にクランクインし、5月31日の撮了を予定している。

小さいおうち」は、13年12月か14年1月に公開予定。

おとうと[DVD] おとうと[DVD] 最安価格: ¥3,201 東京の郊外で、夫の亡き後小さな薬局を営み堅実に生きてきた姉と、大阪で何かと問題を起こしてきた弟の再会と別れを、笑いと涙を織り交ぜながら描いた、山田洋次監督が贈る感動作。
母べえ 通常版[DVD] 母べえ 通常版[DVD] 最安価格: ¥3,201 治安維持法で検挙されてしまった父を想い不安を募らせるも、周囲の人々の温かさに支えられながら懸命に生きる母の姿を描いた、山田洋次監督作品。脚本:山田洋次/平松恵美子

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi