「悪の教典」上映会でAKB絶叫!大島優子は涙の退場「この映画が嫌い」 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2012年11月19日 > 「悪の教典」上映会でAKB絶叫!大島優子は涙の退場「この映画が嫌い」
メニュー

「悪の教典」上映会でAKB絶叫!大島優子は涙の退場「この映画が嫌い」

2012年11月19日 14:00

「悪の教典」を鑑賞したAKB48のメンバーと伊藤英明、三池崇史監督「悪の教典」

「悪の教典」を鑑賞したAKB48のメンバーと伊藤英明、三池崇史監督
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 伊藤英明が主演した「悪の教典」の“AKB48特別上映会”が11月18日、東京・TOHOシネマズ六本木ヒルズで行われ、アイドルグループ「AKB48」のメンバー38人が出席。本編観賞後、同グループの大島優子が涙を浮かべ「私はこの映画が嫌いです。命が簡単に奪われていくたびに、涙が止まりませんでした。映画なんだからという方もいるかもしれませんが、私はダメでした。ごめんなさい」と退場する一幕も見られた。

今回の企画は、今作を鑑賞した秋元康総合プロデューサーの「メンバーにも映画を見て勉強してほしい」という希望から実現。本編上映後、ショットガンを手にした伊藤が現れると、会場は悲鳴に包まれた。

伊藤は、同グループのシングル「涙サプライズ!」のプロモーションビデオに、英語教師役で出演した経験を持ち、久しぶりに“生徒”と再会。舞台挨拶では、「みなさんのような国民的アイドルグループが見に来てくれたことが本当にうれしいです。一生懸命つくった作品を、みなさんがここまで入り込んで見てくれて感動しました」と感激しきりだった。

メンバーを代表してステージに立った柏木由紀秋元才加は「衝撃の連続で思わず目をつぶってしまいそうになりましたが、最後まで見逃したくありませんでした。英明さんが『涙サプライズ!』のときとあまりに違いすぎて、人間不信になりそうなくらい(笑)」(柏木)、「こんなに怖い映画を見たのは初めてでした。それに英明さんがショットガンを持って登場したのが本当に怖かった」(秋元)と吐露。そして、大ヒットを祝して、伊藤と三池崇史監督に花束を送った。

貴志祐介氏の問題作を三池監督のメガホンで映画化。表と裏の顔を持つ人気高校教師が、自らの目的のため生徒を惨殺する姿を描く。二階堂ふみ染谷将太林遣都山田孝之らが共演。11月9日(現地時間)にイタリア・ローマで行われた、第7回ローマ国際映画祭で公式上映された。

悪の教典 -序章-[DVD] 悪の教典 -序章-[DVD] 最安価格: ¥1,642 ミステリー界を震撼させた禁断の小説、衝撃の映画化!それは映画版より少し前の世界。今作のヒロイン、スクールカウンセラー水落聡子が学園の闇を追う!そして聡子が辿り着いた真実とは!出演:伊藤英明
愛と誠 コレクターズ・エディション 期間限定生産(2枚組)[Blu-ray/ブルーレイ] 愛と誠 コレクターズ・エディション 期間限定生産(2枚組)[Blu-ray/ブルーレイ] 最安価格: ¥3,959 誰にも止められない超不良・太賀誠、正真正銘のお嬢様・早乙女愛。天と地ほどに何もかも違う<天使と悪魔>ともいうべきふたり…。だがそこには運命の恋があった―。梶原一騎・ながやす巧による伝説のコミックを、天才監督・三池崇史によって完全映画化!

フォトギャラリー

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi