野村萬斎、“知将”上地雄輔を絶賛!「もっと時代劇やって」と注文 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2012年11月18日 > 野村萬斎、“知将”上地雄輔を絶賛!「もっと時代劇やって」と注文
メニュー

野村萬斎、“知将”上地雄輔を絶賛!「もっと時代劇やって」と注文

2012年11月18日 20:31

息の合った舞台挨拶を展開した 野村萬斎と上地雄輔「のぼうの城」

息の合った舞台挨拶を展開した
野村萬斎と上地雄輔
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 犬童一心監督と樋口真嗣監督が共同でメガホンをとった「のぼうの城」の大ヒット御礼舞台挨拶が11月18日、東京・日比谷のTOHOシネマズスカラ座で行われ、主演を務める野村萬斎と共演する上地雄輔が登壇した。

“のぼう様(でくのぼうの意)”と慕われる城代・成田長親(萬斎)が、豊臣秀吉方2万人の大軍を指揮した石田三成(上地)の水攻めに、わずか500人と奇策で対抗する歴史スペクタクル。萬斎は「もっと時代劇やってよ! 本当に格好良かったよね。これからの時代劇を背負って立ってほしい」と上地の“知将ぶり”を絶賛していた。

舞台挨拶には“勝利の美酒”として、ロケ地となった北海道・苫小牧の地酒が振る舞われ「共演シーンは最後の10分、15分くらいだけど、10月のキャンペーンではほぼ毎日一緒にいた。本当に好青年で、人気があるのもわかる」(萬斎)、「一緒にいると落ち着いて、まるで夫婦な気分。おれが嫁です!」(上地)とほろ酔いトーク。すっかり上機嫌の萬斎は、劇中で披露する“田楽踊り”を即興で再現してみせた。

11月2日に全国328スクリーンで封切られた本作は、17日の時点で観客動員が130万人に達し、興行収入も15億円突破と好調。国内映画興収ランキングでもV2を達成しているが、萬斎は「今週はあのアニメが横槍を入れてくるかも……。しかも樋口監督が加担しているらしいじゃないですか」と17日に全国公開された「ヱヴァンゲリヲン新劇場版:Q」に警戒心。樋口監督は同作と併映される特撮短編「巨神兵東京に現わる 劇場版」でメガホンをとっている。

萬斎ハムレット[DVD] 萬斎ハムレット[DVD] 最安価格: ¥4,845 あのシェイクスピアの傑作劇「ハムレット」に人気、実力とも狂言界のトップに君臨する野村萬斎が挑戦! 2003年6月17日から2003年7月26日まで世田谷パブリックシアターにて公演されていた舞台の模様を収録した映像作品。
「ドロップ」 スペシャル・エディション[DVD] 「ドロップ」 スペシャル・エディション[DVD] 最安価格: ¥4,802 人気お笑いコンビ・品川庄司の品川ヒロシが、自身の体験をベースに綴った青春小説『ドロップ』の映画化。不良に憧れて、私立の中学校から公立中学校に転校したヒロシは、さっそく不良たちに目をつけられ、河川敷に呼び出される。そこに待っていたのは、極悪非道なカリスマ不良の達也だった。いきなり達也とタイマンを張ることになったヒロシ。あっさりと達也にぶちのめされてしまう…。出演:上地雄輔

フォトギャラリー

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi