「不謹慎ですみません」詐欺師演じた阿部寛、詐欺撲滅をアピール : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2012年11月15日 > 「不謹慎ですみません」詐欺師演じた阿部寛、詐欺撲滅をアピール
メニュー

「不謹慎ですみません」詐欺師演じた阿部寛、詐欺撲滅をアピール

2012年11月15日 15:30

警視庁の高橋清孝副総監、丸の内警察の若松敏弘署長 とともに詐欺撲滅キャンペーンに参加した阿部寛「カラスの親指」

警視庁の高橋清孝副総監、丸の内警察の若松敏弘署長
とともに詐欺撲滅キャンペーンに参加した阿部寛
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 主演最新作「カラスの親指」で詐欺師を演じた俳優の阿部寛が11月15日、東京・三菱東京UFJ銀行丸の内本店で行われた「詐欺撲滅キャンペーン」に出席した。

同日は「都内全金融機関等警戒強化日」として、都内の金融機関に警察官1万人を配置。阿部は「こんな日に詐欺師役が来てしまい、不謹慎ですみません」と恐縮しきり。それでも「警察の皆さんに頑張っていただき、金融機関の方々にもお年寄りへのお声がけをしていただきたい」と詐欺撲滅をアピールし、「映画の最後にはドンデン返しも。詐欺にはだまされず、僕の映画でだまされてください」と宣伝も忘れなかった。

警視庁の発表によれば、今年の振り込め詐欺を含む「特殊詐欺」の被害総額は約65億円にのぼるといい、阿部は「とても大きな社会問題。僕にも年老いた親父がいますので、できるだけコミュニケーションを取って防ぎたい。皆さんもこれを機会に、ご実家に電話をしてあげてください」とオフィス街を行き交う人々に声をかけていた。イベントには警視庁の高橋清孝副総監、丸の内警察の若松敏弘署長が出席した。

映画は、プロの詐欺師・タケ(阿部)と新米詐欺師のテツ(村上ショージ)、さらに2人の元に転がり込んできた3人の男女(石原さとみ、能年玲奈、小柳友)が、タケが抱える過去にケリをつけるべく一世一代の勝負に挑む姿を軽快に描く。日本推理作家協会賞に輝いた道尾秀介の同名ベストセラー小説を映画化した。

カラスの親指」は11月23日から公開。

テルマエ・ロマエ 豪華盤(特典BD付 2枚組)[Blu-ray/ブルーレイ] テルマエ・ロマエ 豪華盤(特典BD付 2枚組)[Blu-ray/ブルーレイ] 最安価格: ¥2,268 古代ローマ帝国の設計技師(風呂専門)の男が浴場のアイデアに悩みまくった挙句、現代日本の銭湯にタイムスリップ!?出演:阿部寛
村上ショージ ギャグ図鑑 ベストは尽くしました。[DVD] 村上ショージ ギャグ図鑑 ベストは尽くしました。[DVD] 最安価格: ¥2,784 吉本きってのギャグメーカー、村上ショージのギャグ図鑑。新・旧の数あるオリジナルギャグをどのようなシチュエーションで使えば良いのか、様々なカテゴリーに分けて発表する。

フォトギャラリー

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi