「グッモーエビアン!」公開記念 大泉洋×「ONE OK ROCK」Takaが対談 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2012年11月15日 > 「グッモーエビアン!」公開記念 大泉洋×「ONE OK ROCK」Takaが対談
メニュー

「グッモーエビアン!」公開記念 大泉洋×「ONE OK ROCK」Takaが対談

2012年11月15日 05:00

音楽雑誌で対談した大泉洋と「ONE OK ROCK」Taka「グッモーエビアン!」

音楽雑誌で対談した大泉洋と「ONE OK ROCK」Taka
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 映画「グッモーエビアン!」で麻生久美子とダブル主演を務める大泉洋と、同作の主題歌「the same as...」を手がけるロックバンド「ONE OK ROCK(ワンオクロック)」のボーカルTakaが、音楽雑誌「MUSICA(ムジカ)」で対談した。

同誌に連載されている、大泉が音楽ジャーナリスト鹿野淳氏とともに飲食店を訪れるコラム「大泉洋のYO!食うわ」に、Takaが参加。この対談は、11月15日発売と12月15日発売の2号にわたり掲載される。

「実際に歌っている大泉さんの声が、すごく好きでした。歌がうまいですよね!」とTakaにほめられた大泉。しかし、「映画で僕のライブシーンが終わった後にこの曲(『the same as...』)が流れてくると、あまりの実力の差に愕然としちゃって」と、自分の歌唱力に落胆した様子。それでも、「主演の圧力ってあるからね(笑)。ひょっとしたら、『the same as...』を僕が歌っているかもしれないよ?」とおどけてみせた。

楽曲について、Takaは「僕らの書いている歌詞や自分自身の経験とリンクする部分があったので、そこを映画と近づけながら作りました」と述懐。大泉も、「この映画を見て良かったなという気持ちが、さらに盛り上がるような曲でした。あの映画を見て、あの曲を聞くのが大事なことでしょう。映画館にぜひ!」と、映画とともにしっかりアピールした。

今作は、吉川トリコ氏の同名人気小説を山本透監督が映画化。元パンクバンドのギタリストで未婚の母アキ(麻生)と15歳の娘ハツキ(三吉彩花)、突然転がり込んできたバンドの元メンバーで、長年アキに思いを寄せ続けるヤグ(大泉)の3人が織り成す、一風変わった家族の姿を描く。

グッモーエビアン!」は、12月15日から全国で公開。

WARRIOR~唄い続ける侍ロマン[DVD] WARRIOR~唄い続ける侍ロマン[DVD] 最安価格: ¥3,036 永禄3年5月19日、尾張国桶狭間。織田信長が統一する尾張国に今川義元が攻め込んだ。織田軍が劣勢の中、「サル」と呼ばれる若き侍が偶然にも今川軍本陣の場所を見つけ…。出演:大泉洋
LIVE DVD「THIS IS MY BUDOKAN?! 2010.11.28」[DVD] LIVE DVD「THIS IS MY BUDOKAN?! 2010.11.28」[DVD] 最安価格: ¥3,036 ライヴ・バンドとして目覚しい成長を見せ、数々の夏フェスにも精力的に参加してきたONE OK ROCKが、2010年11月28日に行った初の日本武道館ライヴの模様を収録!

フォトギャラリー

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi