映画のプロデューサー表記、米制作者組合が裁定 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2012年11月12日 > 映画のプロデューサー表記、米制作者組合が裁定
メニュー

映画のプロデューサー表記、米制作者組合が裁定

2012年11月12日 23:00

[映画.com ニュース] ハリウッドのメジャースタジオ3社が、映画のクレジット表記について米制作者組合(PGA)の裁定を仰ぐことになったと、ニューヨーク・タイムズ紙が報じた。

ビッグバジェットの映画製作には出資者が多いため、大作映画にはプロデューサーと名乗る人物がずらりとクレジットされることも珍しくない。多数のプロデューサーを抱えた映画作品の場合、映画賞にノミネートされたときに誰が作品賞を受賞すべきか、という問題でもめることが少なくない。

そのため、実働したプロデューサーと表記上だけのプロデューサーとを区別すべきだと、PGA側は訴えてきた。今回、ユニバーサル、20世紀フォックス、ソニー・ピクチャーズの3社は、プロデューサー表記で問題が生じた場合、PGAの裁定を仰ぐことで合意した。

プロデューサー本人からの要望に応じ、PGAはその人物の作品への貢献度を審査。脚本の企画開発を監修したか、キャスティングを行ったか、現場に足繁く通ったかといったチェックを行う。プロデューサーと認められた人物は、映画にプロデューサーとして自分の名前が表記される際に、「p.g.a」という認証マークがつく。

出資者やスタジオ重役などに認定マークは与えられないので、今後は誰がプロデューサーかが明確になる。このシステムは、ワインスタイン・カンパニーとドリームワークス・アニメーションですでに採用されている。ただし、PGAが裁定を行うのはプロデューサーのみで、エクゼクティブ・プロデューサー、アソシエイト・プロデューサー、共同プロデューサーは対象にならない。

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi