伊藤英明「悪の教典」にローマが興奮!国内は興収20億視野の滑り出し : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2012年11月11日 > 伊藤英明「悪の教典」にローマが興奮!国内は興収20億視野の滑り出し
メニュー

伊藤英明「悪の教典」にローマが興奮!国内は興収20億視野の滑り出し

2012年11月11日 05:00

ローマのファンから大歓迎を受けた伊藤英明、水野絵梨奈、三池崇史監督「悪の教典」 ローマのファンから大歓迎を受けた
伊藤英明、水野絵梨奈、三池崇史監督
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 俳優の伊藤英明が11月9日(現地時間)、主演最新作「悪の教典」を引っさげイタリアで行われている第7回ローマ国際映画祭に出席。コンペティション部門のオープニング上映に際し、生徒役の水野絵梨奈、メガホンをとった三池崇史監督とともに会見した。メイン会場であるシノポリホールには約1000人のファンが駆けつけ、上映後には約4分半におよぶスタンディングオベーション。同映画祭は17日(日本時間18日)に授賞式が行われるが、いかなる賞であっても受賞すれば日本初の快挙となる。

伊藤は、「サイコキラーを演じることは本当に難しかったですが、監督に助けてもらいながら蓮実というキャラクターをつくる作業は楽しくもありました」と述懐。同映画祭の雰囲気を堪能したようで、「言葉も文化も違う国の映画なのに、みんなが楽しんでくれて自分もうれしいです」と喜んだ。

海外映画祭の常連でもある三池監督は、「(技術の進歩により)この1~2年、自分がやっていて本当に楽しいと思えることが出来るようになり、映画の世界に生きている喜びを感じられるようになりました。本当に心のこもった拍手をいただくことができたので、ローマに来て良かったなと思います」と手ごたえをつかんでいる様子だった。

今作は、貴志祐介氏のベストセラー小説を映画化。生徒から慕われ、学校やPTAからも評価される高校教師・蓮実がいじめ、モンスターペアレンツ、セクハラ、淫行など問題だらけの学校で、自らの目的を果たすため、躊躇(ちゅうちょ)なく殺人を繰り返す姿を描くバイオレンスサスペンス。

日本国内では10日、全国309スクリーンで封切り。R-15指定を受けながらも、20~30代の男女を中心に幅広い層のファンを動員。興行収入38.5億円を記録した中島哲也監督作「告白」対比で96%の滑り出しで、興収20億円を視野に入れた大ヒットスタートとなった。

悪の教典 -序章-[DVD] 悪の教典 -序章-[DVD] 最安価格: ¥2,954 ミステリー界を震撼させた禁断の小説、衝撃の映画化!それは映画版より少し前の世界。今作のヒロイン、スクールカウンセラー水落聡子が学園の闇を追う!そして聡子が辿り着いた真実とは!出演:伊藤英明
愛と誠 コレクターズ・エディション 期間限定生産(2枚組)[Blu-ray/ブルーレイ] 愛と誠 コレクターズ・エディション 期間限定生産(2枚組)[Blu-ray/ブルーレイ] 最安価格: ¥4,060 誰にも止められない超不良・太賀誠、正真正銘のお嬢様・早乙女愛。天と地ほどに何もかも違う<天使と悪魔>ともいうべきふたり…。だがそこには運命の恋があった―。梶原一騎・ながやす巧による伝説のコミックを、天才監督・三池崇史によって完全映画化!

フォトギャラリー

レビュー利用規約に同意の上、コメント投稿する

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る