「マルジャンが僕を誘惑した」マチュー・アマルリック「チキンとプラム」出演経緯を告白 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2012年11月9日 > 「マルジャンが僕を誘惑した」マチュー・アマルリック「チキンとプラム」出演経緯を告白
メニュー

「マルジャンが僕を誘惑した」マチュー・アマルリック「チキンとプラム」出演経緯を告白

2012年11月9日 19:53

巨大な女性の胸に顔をうずめるシーンはまさに男の夢?「チキンとプラム あるバイオリン弾き、最後の夢」

巨大な女性の胸に顔をうずめるシーンはまさに男の夢?
(c) Copyright 2011Celluloid Dreams Productions
- TheManipulators – uFilm Studio 37 - Le Pacte
– Arte France Cinéma – ZDF/
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 「ペルセポリス」で知られる仏在住のアーティスト、マルジャン・サトラピが手がけた初の実写映画「チキンとプラム あるバイオリン弾き、最後の夢」が、11月10日公開する。主人公の天才音楽家を演じるマチュー・アマルリックが、本作について語った。

原作は、05年のアングレーム国際漫画祭最優秀作品賞を受賞したサトラピのコミック「鶏のプラム煮」。1958年テヘランを舞台に、楽器を壊され絶望したバイオリン奏者が、死を決意した最後の8日間で人生と叶わなかった愛を美しい映像で描き出す。アマルリックのほか「ブルーベルベット」のイザベラ・ロッセリーニカトリーヌ・ドヌーブの娘キアラ・マストロヤンニら豪華女性キャストが共演する。

アマルリックはサトラピの作品のファンではあったが、本作への出演はまったく予期していなかったという。主演することになった経緯を「マルジャン・サトラピにクレイジーな誘われ方をしてね(笑)。あるとき彼女が電話をして来て、僕を誘惑した。彼女は誘惑の仕方を知っている、とても危険な女性だよ(笑)」と冗談めかして明かし、サトラピの口調を真似て「『もしあなたがこの役を引き受けてくれなかったらわたしは死んでしまうから! もう何年もあなたが歩いて来た床を舐め続けて来たの! お願い、この役を演じられるのはあなたしかいないの! わたしはあなたの瞳に恋をしているのよ!! お・ね・が・い!』。これがマルジャン・サトラピという人だ(笑)」と臨場感たっぷりに説明してくれた。

ファンタジー的な要素が入り混じったサトラピの映画の魅力は「まったくあり得そうもないことを信じさせることにある」という。本作のテーマは1人の男の悲恋であるが、その悲しみを、幻想的な映像を交えて美しく非現実的に描き出す手法をアマルリックは「それはマルジャンが生まれたイランの文化で、そういう傾向があったからじゃないかな」と考える。そして、「感情を抑制し、表には出さず、生き残るために人々は嘘をつかなければならない。革命が起きる前の50年代のイランはまったく別で、人々はもっと表に出て、オープンで、女性たちは優雅なドレスを着てタバコを吸った。でも突然それが愚かなことのために禁止された。だからそうした豊かな時代をマルジャンはここで再び創造したんだ」と分析した。

チキンとプラム あるバイオリン弾き、最後の夢」は11月10日公開。

ペルセポリス[DVD] ペルセポリス[DVD] 最安価格: ¥5,076 2007年カンヌ国際映画祭コンペティション部門出品審査員賞受賞。イラン出身パリ在住のマルジャン・サトラピ監督自身による自伝的同名グラフィック・ノベルの映画化。1970~1990年代の混迷するイランを舞台に、主人公マルジの半生と3代に渡る母娘の愛情を涙と笑いを散りばめながら描いた感動作!
潜水服は蝶の夢を見る[DVD] 潜水服は蝶の夢を見る[DVD] 最安価格: ¥583 ある日突然、脳梗塞で倒れ左目だけしか動かせない体になってしまった「ELLE」誌の元編集長のジャン=ドミニク・ボビーが、左目の瞬きだけで綴った奇跡の自伝ベストセラー小説を、斬新なカメラアングル、夢のように美しい映像でジュリアン・シュナーベル監督が映画化。出演:マチュー・アマルリック

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

  • 新感染 ファイナル・エクスプレスの評論 新感染 ファイナル・エクスプレス ゾンビ映画の新境地へと観客を運ぶ、究極の特急サバイバルアクション
  • エル ELLEの評論 エル ELLE バーホーベン×フランスの大女優の化学反応が、悪女映画の歴史を塗り替える。
  • ザ・ウォールの評論 ザ・ウォール 悪魔的スナイパーに狙われるシチュエーションスリラー。“壁”の象徴性も見逃せない
映画評論の一覧を見る
Jobnavi