子どもの映画館初体験に!人気キャラクター「しまじろう」映画化決定 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2012年11月9日 > 子どもの映画館初体験に!人気キャラクター「しまじろう」映画化決定
メニュー

子どもの映画館初体験に!人気キャラクター「しまじろう」映画化決定

2012年11月9日 00:00

子どもの映画館初体験にうってつけ!

子どもの映画館初体験にうってつけ!
(C)Benesse Corporation 2013
[拡大画像]

 [映画.com ニュース] 幼児向け通信教育教材「こどもちゃれんじ」(ベネッセコーポレーション)の講座開講25周年を記念し、同講座の人気キャラクター・しまじろうが初めて映画として製作されることが決まった。幼児が「初めて映画館で見る映画・ファーストシネマ」をコンセプトに企画され、日本中の親子の記憶に残り、時を経ても語り合えるような映画になることを目指す。

東宝映像事業部配給で全国47都道府県、100スクリーン規模で公開される「しまじろうとフフのだいぼうけん すくえ!七色の花」。今作は、子どもにとって親に連れて行ってもらった最初の映画が、誰にとっても思い出深い体験であることに着眼。「こどもちゃれんじ」の幼児をひきつける映像制作のノウハウを生かし、アニメと実写パートで構成しながら同講座の掲げる「楽しい感動体験」を提供していく。

そのため、保護者の不安要素である「映画館での暗さ、音量などへの恐怖感」や「楽しめる&集中力の持続」に配慮した内容となる。上映時間は50分だが途中で休憩を入れ、低年齢の子どもの集中力が途切れないように留意。さらに、劇場の照明を半照明レベルに設定し、暗さへの恐怖を払拭するという。

メガホンをとるのは、尾野真千子主演の短編作「Shikasha」がカンヌ映画祭監督週間で公式上映されたほか、「aramaki」「663114」がベルリン国際映画祭、ベネチア国際映画祭で上映され、世界三大映画祭での上映を果たした平林勇監督。時間軸の逆行や回想シーンのないシンプルな展開で、友だちの大切さ、あきらめずに頑張ろうと思う気持ちといった、幼児期の幅広い年代の子どもに伝えたいメッセージを軸に描く。

「しまじろうとフフのだいぼうけん すくえ!七色の花」は、2013年3月15日から4月4日、全国で公開。

はっけん たいけん だいすき!しまじろう~アニメおはなし大集合!スペシャル!!~[DVD] はっけん たいけん だいすき!しまじろう~アニメおはなし大集合!スペシャル!!~[DVD] 最安価格: ¥2,161 人気長寿番組TVアニメ「しましまとらのしまじろう」が「はっけん たいけん だいすき!しまじろう」としてリニューアル。従来のアニメパートに加え、子供の“はっけん”“たいけん”をテーマにした楽しくてためになるコーナーが盛り沢山!
しまじろう ヘソカ おはなしいっぱい![DVD] しまじろう ヘソカ おはなしいっぱい![DVD] 最安価格: ¥1,923 新カンカク☆バラエティー番組「しまじろう ヘソカ」がDVD化!お話・知育・生活スキル・歌・ダンスなど、楽しさ&オドロキいっぱいのエデュテイメント番組!

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

  • 新感染 ファイナル・エクスプレスの評論 新感染 ファイナル・エクスプレス ゾンビ映画の新境地へと観客を運ぶ、究極の特急サバイバルアクション
  • エル ELLEの評論 エル ELLE バーホーベン×フランスの大女優の化学反応が、悪女映画の歴史を塗り替える。
  • ザ・ウォールの評論 ザ・ウォール 悪魔的スナイパーに狙われるシチュエーションスリラー。“壁”の象徴性も見逃せない
映画評論の一覧を見る
Jobnavi