加瀬亮、原恵一監督の初実写作品で主人公・木下惠介監督役 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2012年11月7日 > 加瀬亮、原恵一監督の初実写作品で主人公・木下惠介監督役
メニュー

加瀬亮、原恵一監督の初実写作品で主人公・木下惠介監督役

2012年11月7日 06:00

「はじまりのみち」に出演する(上段左から)加瀬亮、 田中裕子、濱田岳、ユースケ・サンタマリア「はじまりのみち」

「はじまりのみち」に出演する(上段左から)加瀬亮、
田中裕子、濱田岳、ユースケ・サンタマリア
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 俳優の加瀬亮が、木下惠介生誕100年記念映画として製作される「はじまりのみち」(原恵一監督)に、主人公・木下惠介役として主演することが決まった。また、恵介の母・たま役には、木下が脚本を手がけた「二十四の瞳」で大石先生を演じた田中裕子。恵介の兄・敏三役のユースケ・サンタマリア、便利屋役の濱田岳とともに、戦争という時代のうねりに翻弄(ほんろう)され、映画監督を辞めようとしていた失意の木下がいかにして翻意していったのかを描く。

数多くのアニメ作品を手がけてきた原監督が、初めて実写映画のメガホンをとる今作は、戦時中に脳いっ血で倒れた母を疎開させるため、木下監督がリヤカーに乗せて山越えをしたという実話のエピソードが軸となる。また、血気盛んな映画青年として軍部ににらまれ、松竹を一時離れるきっかけとなった「陸軍」製作時のエピソードを、回想形式で盛り込んでいく。

主演の加瀬は、クリント・イーストウッド監督作「硫黄島からの手紙」をはじめとする海外作品や、「おとうと」「アウトレイジ」「海炭市叙景」といったあらゆるジャンルの邦画作品に出演し、常に独特の存在感を放ち、その演技力にも定評がある。そんな加瀬に対し、原監督は「穏やかな印象ながら、芯の強さも感じさせる人。木下監督が監督を辞めようとしていた時期の、絶望からの再生をきっと繊細に演じてくれると思います」と期待を寄せる。一方の加瀬も、「時代の激しい流れに巻き込まれながらも、青年時代の木下惠介監督がどうしても手放せなかったもの、その大切なものを、原監督と一緒に同じ道をゆっくりとたどりながら見つめていきたいと思っています」と意気込んでいる。

「二十四の瞳」「喜びも悲しみも幾歳月」「楢山節考(1958)」などの名作を精力的に発表した木下監督は当時、黒澤明監督とともに国民の人気を二分した。それはひとえに、手放しの人間賛歌ではなく、人のもつ美しさや醜さ、強さと弱さを全て肯定し、名もなき市井の人々の姿に優しい眼差(まなざ)しを注ぎ続けてきたことにある。原監督が、加瀬をはじめとする実力派俳優たちと、その実像と精神にどう迫るのかに大きな注目が集まる。

11月9日にクランクインし、静岡・浜松ほか長野、群馬などでオールロケを敢行。下旬にアップ予定で、2013年2月の完成を目指す。

はじまりのみち」は、13年6月1日から全国で公開。

アウトレイジ[DVD] アウトレイジ[DVD] 最安価格: ¥2,793 豪華個性派俳優たちが集結した、「BROTHER」「座頭市」以来となる北野武監督作品。ヤクザ界の生き残りを賭けた壮絶な権力闘争を描くバイオレンス・アクション・エンターテイメント!!出演:加瀬亮
映画 クレヨンしんちゃん 嵐を呼ぶアッパレ!戦国大合戦[DVD] 映画 クレヨンしんちゃん 嵐を呼ぶアッパレ!戦国大合戦[DVD] 最安価格: ¥1,438 人気アニメ「クレヨンしんちゃん」の劇場版第10弾!突然戦国時代にタイムスリップしてしまったしんのすけ。ひょんなことから、歴史上討たれるはずだった侍を救ってしまい、その後もおかまいなしに大暴れ。やがて追っかけてきたひろしたちと再会するが、歴史の荒波は一家を大きく変えていく─。監督・脚本:原恵一

フォトギャラリー

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi