妻夫木聡、井筒監督ら460万円の金塊にボルテージ最高潮 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2012年11月3日 > 妻夫木聡、井筒監督ら460万円の金塊にボルテージ最高潮
メニュー

妻夫木聡、井筒監督ら460万円の金塊にボルテージ最高潮

2012年11月3日 13:01

金塊を鷲づかみにした妻夫木聡ら「黄金を抱いて翔べ」

金塊を鷲づかみにした妻夫木聡ら
[拡大画像]

[映画.com ニュース] ベストセラー作家・高村薫氏のデビュー作を妻夫木聡主演、井筒和幸監督で映画化する「黄金を抱いて翔べ」が11月3日、全国191スクリーンで公開された。妻夫木をはじめ共演の浅野忠信桐谷健太溝端淳平、チャンミン、西田敏行、井筒監督は、東京・銀座の丸の内ピカデリーで舞台挨拶に立った。

原作は、第3回日本推理サスペンス大賞を受賞したクライム小説。大阪を舞台に、妻夫木演じる主人公の幸田が、銀行の地下に眠る時価15億円の金塊を手に入れようと、チームリーダー的な役割を果たす北川(浅野)、システムエンジニア(桐谷)、調達屋(溝端)、爆弾工作員(チャンミン)、内部事情に精通する相談役(西田)らで結成した強奪チームとともに、大胆不敵な計画を決行する。

この日は、日本最大級の非鉄金属精錬メーカー・三菱マテリアルの協力により、本物の金塊が登場。1キロあたりの現在の相場は約460万円だそうで、登壇7人分で換算すると約3220万円に相当する。妻夫木らは本物の金塊の登場に、ボルテージは最高潮。口々に「重い!」と大興奮の様子で、井筒監督も「重いですよ、重い映画ですから。20回くらい見てください」と深々と頭を下げた。

座長を務めた妻夫木は、「最後のシーンが特に好き。こんなに格好いい日本映画があるんだと思い、自分の出ている映画なのに泣いてしまった」と照れ笑い。そんなキャストを、井筒監督も「一生懸命やりましたよ、久しぶりのスター映画ですから。みんな、酒も飲まんとね」と称えると、「すみません、少し飲みました」(妻夫木)、「すみません、随分飲みました」(西田)と恐縮しきりで、満員の場内を盛り上げた。

オレンジデイズ DVD-BOX[DVD] オレンジデイズ DVD-BOX[DVD] 最安価格: ¥16,623 2004年4月~6月まで日曜夜9時より、TBS系列にて放送。大学に通う普通の青年と、4年前に病気で聴覚を失い心を閉ざしてしまった少女の恋愛を描いた青春ドラマ。出演:妻夫木聡
ガキ帝国[DVD] ガキ帝国[DVD] 最安価格: - 1970年前後の大阪。“キタ”の不良少年グループ・北神同盟が暴力団を後ろ盾に勢力を伸ばし始めた。リーダー“明日のジョー”の残酷な暴力に各グループが吸収されていく中、どのグループにも属さない“ミナミ”のリュウ、チャボ、ケンの3人だけが彼らに立ち向かう!監督:井筒和幸

フォトギャラリー

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi