ディズニーがルーカスフィルムを買収 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2012年10月31日 > ディズニーがルーカスフィルムを買収
メニュー

ディズニーがルーカスフィルムを買収

2012年10月31日 12:34

ルーカスフィルムがディズニー傘下に「スター・ウォーズ」

ルーカスフィルムがディズニー傘下に
Photo by Handout/Getty Images
[拡大画像]

[映画.com ニュース] ウォルト・ディズニー社がルーカスフィルムを40億5000万ドル(約3200億円)で買収することに合意したと、ロサンゼルス・タイムズ紙が報じた。

ルーカスフィルムといえば、ジョージ・ルーカスが設立した制作会社で、「スター・ウォーズ」シリーズや「インディ・ジョーンズ」シリーズなどを制作。VFX工房のインダストリアル・ライト&マジック社や音響工房のスカイウォーカー・サウンド、ゲーム会社のルーカス・アーツなどを傘下に持つ。一方、ウォルト・ディズニー社のロバート・アイガー最高経営責任者は大型買収による知的財産の獲得に積極的で、2006年にピクサー・アニメーション・スタジオを74億ドルで買収したのちに、2009年にはマーベル・エンタテイメントを40億ドルで買収。いずれも、大成功を収めている。

今回、ルーカスフィルムを傘下に入れることで、ディズニーは「スター・ウォーズ」関連の権利をまるごと取得。ジョージ・ルーカスは引退の意向を表明しており、今年6月には映画プロデューサーのキャスリーン・ケネディを共同社長に指名している。買収完了後はケネディがルーカスフィルムの社長となり、ウォルト・ディズニー・スタジオのアラン・ホーン会長のもとで働くことになる。ルーカスがディズニーをルーカスフィルムの売却先に決めたのは、映画からテレビ、マーチャンダイジング、テーマパークまで幅広い領域で成功を収めている複合メディア企業であるうえに、ピクサーやマーベルなど、買収したクリエイティブ企業の独自性を尊重している点にあるようだ。

ルーカスは、「『スター・ウォーズ』は自分がこの世からいなくなっても続いていくことになりますから、生きている間に、きちんとバトンタッチをしておくことが重要でした」と説明。「キャスリーン・ケネディが率いるルーカスフィルムは安泰ですし、ディズニー組織のなかで、『スター・ウォーズ』はこれからさらに何世代ものあいだ繁栄していくものと確信しております」と述べている。

スター・ウォーズ コンプリート・サーガ ブルーレイBOX〔初回生...[Blu-ray/ブルーレイ] スター・ウォーズ コンプリート・サーガ ブルーレイBOX〔初回生...[Blu-ray/ブルーレイ] 最安価格: - ジョージ・ルーカスが贈る、SF映画「スター・ウォーズ」シリーズ全作を収録したブルーレイBOX。未公開シーンや別テイクシーンなど、ファン垂涎の『スター・ウォーズ』アーカイブを合計30時間以上収録のボーナス・ディスク3枚付!初回生産限定。
タンタンの冒険[DVD] タンタンの冒険[DVD] 最安価格: ¥1,029 スティーヴン・スピルバーグ×ピーター・ジャクソン、映画界の頂点に立つ2大ヒットメーカーが壮大なスケールで贈る最高のエンタテインメント!少年記者タンタンと愛犬スノーウィ、そしてハドック船長が財宝の秘密を追って世界を駆け巡る――希望あるメッセージとノンストップのスリルに満ちたアクション・アドベンチャー!製作:キャスリーン・ケネディ

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

  • 新感染 ファイナル・エクスプレスの評論 新感染 ファイナル・エクスプレス ゾンビ映画の新境地へと観客を運ぶ、究極の特急サバイバルアクション
  • エル ELLEの評論 エル ELLE バーホーベン×フランスの大女優の化学反応が、悪女映画の歴史を塗り替える。
  • ザ・ウォールの評論 ザ・ウォール 悪魔的スナイパーに狙われるシチュエーションスリラー。“壁”の象徴性も見逃せない
映画評論の一覧を見る
Jobnavi