コミコンが2016年までサンディエゴで開催 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2012年10月30日 > コミコンが2016年までサンディエゴで開催
メニュー

コミコンが2016年までサンディエゴで開催

2012年10月30日 15:00

世界最大級のコンベンション「コミコン」

世界最大級のコンベンション「コミコン」
写真:AP/アフロ
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 世界最大級のコンベンションとして知られるSan Diego Comic-Con International(通称・コミコン)が、2016年まで米サンディエゴで継続して行われることになったと、Deadlineが報じた。

1970年にカリフォルニア州サンディエゴで小規模なコミックコンベンションとして発足した同イベントは、大作映画のプロモーションの場として注目されるようになり、参加者数が13万人以上に膨れあがり、近年はその過密ぶりが問題視されていた。主催者側はより大きなコンベンションセンターのあるロサンゼルスやアナハイムへの移転を検討したものの、ルーツであるサンディエゴを離れることへの抵抗が強く、2015年まではサンディエゴで行うと発表していた。

今回、主催団体とサンディエゴ市は、契約を1年延長し、16年までサンディエゴで行うと発表。それに伴い、サンディエゴ市は総工費5億ドルをかけて、会場であるサンディエゴ・コンベンション・センターの拡張工事に着手するという。なお、13年のコミコンは7月18~21日、同センターで行われる予定だ。

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

  • スリー・ビルボードの評論 スリー・ビルボード 悲劇と喜劇、悲哀と笑い。果てしない不毛さの中に現れる“愛でるべきもの”
  • 羊の木の評論 羊の木 “異物”を排除する風潮に、寓話のかたちで果敢な異議申し立てを試みている
  • サファリの評論 サファリ 野生動物を殺すという娯楽に熱中する人々を捉えた戦慄の狩猟ドキュメンタリー
映画評論の一覧を見る

エンタメ求人ナビピックアップ求人情報

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種ソーシャルアカウント担当

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種編集スタッフ

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種編集部アシスタント
エンタメ求人ナビトップへ
Jobnavi