チェルノブイリから3キロの立入制限区域で撮影された初の劇映画が公開 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2012年10月30日 > チェルノブイリから3キロの立入制限区域で撮影された初の劇映画が公開
メニュー

チェルノブイリから3キロの立入制限区域で撮影された初の劇映画が公開

2012年10月30日 17:00

「故郷よ」の一場面「故郷よ」

「故郷よ」の一場面
(c) Les Films du Poisson
[拡大画像]

[映画.com ニュース] チェルノブイリ原発事故から10年後を舞台に、事故現場近郊の立入制限区域プリピャチで撮影され、同原発事故を正面から描いた初めての劇映画「LAND OF OBLIVION」の邦題が「故郷よ」に決定、2013年早春に公開されることがわかった。

昨年の東京国際映画祭のほか、べネチア、トロント映画祭など各国映画祭で上映され話題となった本作は、女性監督ミハル・ボガニムの長編デビュー作。原発事故により生まれ育った地を追われる羽目になった人々の混乱や悲しみ、10年という時が経た後も強く残る故郷への想いを描く。主演は「007/慰めの報酬」で注目されたオルガ・キュリレンコ

チェルノブイリの隣村プリピャチで1986年4月26日、アーニャ(キュリレンコ)とピョートルは結婚式を挙げる。幸せの絶頂の日であるはずのこの日、夫となった消防士のピョートルは、“山火事の消火活動”という名目でパーティ中に駆り出され、二度と戻らなかった。10年の時を経て、観光名所となった廃墟の街をガイドするアーニャ、原発技師の父を持ち、事故の事情を知る父からすぐさま母との避難を言い渡され、そのまま父とは生き別れとなった青年ヴァレリー、事故後も頑なに自宅を離れず、汚染された土地を耕し続けた森林管理人のニコライという3人を通し、失われた故郷に心を置き去りにしたまま、現実と向かい合う人々の姿を映し出す。

公開決定に合わせ、本作場面写真が公開された。防護服姿の職員に避難を呼びかけられるシーンの背景は、何の変哲もない緑豊かな美しい農村風景で、目に見えない放射能汚染の恐ろしさを物語っている。また別のカットでは、人々が避難し廃墟と化した市街地も映されている。福島の事故を経験した我々日本人は、本作から原発被災地の“これから”を深く考えさせられることだろう。

故郷よ」は2013年早春シネスイッチ銀座ほか、全国で順次公開。

007/慰めの報酬[DVD] 007/慰めの報酬[DVD] 最安価格: ¥927 イギリス情報局秘密情報部に所属するジェームズ・ボンドの活躍を描いたスパイ・アクション「007」シリーズの第22作目!ただひとり愛した“運命の女”の死に隠された危険な陰謀。その復讐の果てに辿り着く、運命の報酬とは何なのか?出演:オルガ・キュリレンコ
NHKDVD 永遠のチェルノブイリ -Chernobyl 4 ever-[DVD] NHKDVD 永遠のチェルノブイリ -Chernobyl 4 ever-[DVD] 最安価格: ¥2,462 原発事故で甚大な被害を受けたウクライナ。チェルノブイリ原発事故の記憶が風化する一方で、事故を起こした原発が根本的な解決を見いだせないまま、周囲を汚染し続けている現状を伝える。本作は、原発の周囲30キロの地帯を訪れる若者たちに密着。そこでの体験や当時を知る人々の話などを通して現実と向き合う姿を映す。また、専門家や地元の医師などのインタビューを交えながら、後遺症に苦悩するウクライナの葛藤を描く。

フォトギャラリー

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る

エンタメ求人ナビピックアップ求人情報

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種ソーシャルアカウント担当

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種編集部アシスタント

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種編集スタッフ
エンタメ求人ナビトップへ
Jobnavi