ロバート・ローレンツ監督、師匠イーストウッドから「人生について学んだ」 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2012年10月28日 > ロバート・ローレンツ監督、師匠イーストウッドから「人生について学んだ」
メニュー

ロバート・ローレンツ監督、師匠イーストウッドから「人生について学んだ」

2012年10月28日 15:57

師匠クリント・イーストウッドについて 語ったロバート・ローレンツ監督「人生の特等席」

師匠クリント・イーストウッドについて
語ったロバート・ローレンツ監督
[拡大画像]

[映画.com ニュース] クリント・イーストウッドの4年ぶり銀幕復帰作「人生の特等席」が10月28日、東京・六本木で開催された第25回東京国際映画祭の公式クロージング作品として上映されることになり、ロバート・ローレンツ監督が取材に応じた。

ローレンツ監督は、「マディソン郡の橋」(1995)以来、17年にわたりイーストウッドのもとで映画製作を学んだ。イーストウッドから「映画づくりに留まらず、『健康でいること』『長期的に見ること』など人生についても学びました。監督としては、演出される立場としての役者がどういうことを感じるのかを教えてもらい、リーダーとして他の人を導いていく自信を継承していると思います」と語った。

今作で、監督としてイーストウッドとコンビを組み「最高の経験でした。もともとコラボレーションを大切にする方だけれど、自分のやり方でやらせてくれてサポートもしてくれた」と感激しきり。念願の監督デビューに「ずっと監督をやりたいと思っていたので、心温まる作品でデビューを飾ることができてうれしい。(次回作は)ダークでシリアスなクライムものを温めていますが、イーストウッドから学んだことを糧に監督としてまい進したい」と決意を新たにした。

ローレンツ監督は、メガホンをとった経緯について「ストーリーを脚本家とともに開発した今作をイーストウッド氏にプレゼンしたところ、私が初監督作品を探していることを知っていた彼は『これは君がやった方がいいのではないか』と言ってくれたんです」と説明。そして、「イーストウッド氏の年齢になると、なかなか役柄にひかれるものをオファーされないけれど、この作品が持つ魅力的な力にひかれたのではないでしょうか。私に監督を任せてくれたのも、私が彼のやり方を熟知していることに、安心感を持ってくれたからだと自負しています」と笑顔をのぞかせた。

人生の特等席」は、大リーグの伝説的スカウトマンが、キャリア最後の旅を通して疎遠になっていた娘と向き合う姿を描く。撮影のトム・スターン、美術のジェームズ・J・ムラカミらイーストウッド組おなじみのスタッフが結集。エイミー・アダムスジャスティン・ティンバーレイクらが共演している。11月23日から全国で公開。

マディソン郡の橋 特別版[DVD] マディソン郡の橋 特別版[DVD] 最安価格: ¥927 片田舎に住む主婦と橋を撮りに訪れた中年カメラマンとの4日間という短くも燃えるような恋を描いた、メリル・ストリープ&クリント・イーストウッド共演で贈る美しくも切ない大人のラブストーリー。
魔法にかけられて[DVD] 魔法にかけられて[DVD] 最安価格: ¥1,000 ディズニーが贈る、身も心も踊るハッピー・ラブストーリー!アニメーションの美しいおとぎの世界から“現代ニューヨーク”に迷い込んでしまったプリンセスが、様々な体験を通して本当の愛を見つけていく感動の物語。ディズニーアニメーションの名場面が実写で再現され、ストーリー以外でもたっぷり楽しむことができる。出演:エイミー・アダムス

フォトギャラリー

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi