“タリウム少女”を演じた倉持由香、作品への賛否両論を歓迎! : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2012年10月27日 > “タリウム少女”を演じた倉持由香、作品への賛否両論を歓迎!
メニュー

“タリウム少女”を演じた倉持由香、作品への賛否両論を歓迎!

2012年10月27日 05:00

「GFP BUNNY タリウム少女のプログラム」主演の倉持由香

「GFP BUNNY タリウム少女のプログラム」主演の倉持由香
[拡大画像]

[映画.com ニュース]第25回東京国際映画祭の日本映画・ある視点部門に出品されている「GFP BUNNY タリウム少女のプログラム」の舞台挨拶が10月26日にあり、主演の倉持由香に共演のTakahashi、渡辺真起子土屋豊監督が登壇した。

2005年に実際に起きた、タリウムを実の母親に投与して殺害しようとした“タリウム少女事件”をモチーフにした本作。科学に異常な関心を示し様々な生物の観察、解剖を行い、高校で自らが受けるイジメまでも観察対象にする主人公の少女と声のみで登場する“監督”の対話によってメタフィクション作品として進行していく。

本映画祭での上映は22日に続いて2回目となるが、1回目の上映後、その過激な内容についてTwitterやブログで話題に。当日券も午前中に完売となった。

倉持は突如として注目が高まったことに対し「反響をいただきありがたく思います」と笑顔。「両親や友人の分のチケットを確保していなかったので、慌てて今日の9時半に自分で並んで買いました(笑)」と明かし、これから映画を鑑賞する観客に「賛否両論あると思いますが最後まで楽しんで」と呼びかけた。渡辺は少女の母親役を演じたが「恐ろしいような鈍感なよう普通のような役です」と意味ありげに微笑む。

体中に入れ墨を施した身体改造アーティスト”のTakahashiは、“人体改造少年”という役柄で出演。本作へのオファーについて「受けるかどうか悩みました。我々の世界の描かれ方次第では断ろうかと思いましたが、台本を読んで『このお話なら』と受けました」と明かす。劇中の過激な描写について「苦手なシーンもあるかと思いますが、観終わった後にモヤモヤして帰っていただけたらうれしいです」と観客の反応を楽しむかのように語っていた。

新しい神様[DVD] 新しい神様[DVD] 最安価格: ¥1,560 民族派パンクバンド「維新赤誠塾」のメンバー雨宮処凛・伊藤秀人との対話を通して“天皇制”について考える、土屋豊監督が贈るドキュメント映画。
最後から二番目の恋 DVD-BOX[DVD] 最後から二番目の恋 DVD-BOX[DVD] 最安価格: ¥18,221 45歳独身のテレビ局ドラマプロデューサー・吉野千明。恋愛というより健康や老後など将来への不安を感じる年齢。千明は老後のためにも、今流行の友だちと古民家を借りて住むのも良いかもと軽い気持ちで鎌倉まで下見に行く。そんな時、千明は鎌倉で市役所勤めをしている50歳の独身男性と出会うが―。出演:渡辺真起子

フォトギャラリー

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

  • 新感染 ファイナル・エクスプレスの評論 新感染 ファイナル・エクスプレス ゾンビ映画の新境地へと観客を運ぶ、究極の特急サバイバルアクション
  • エル ELLEの評論 エル ELLE バーホーベン×フランスの大女優の化学反応が、悪女映画の歴史を塗り替える。
  • ザ・ウォールの評論 ザ・ウォール 悪魔的スナイパーに狙われるシチュエーションスリラー。“壁”の象徴性も見逃せない
映画評論の一覧を見る
Jobnavi