篠原哲雄監督、最新作の日中合作映画は「チョコレートを食べたくなる映画!」 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2012年10月26日 > 篠原哲雄監督、最新作の日中合作映画は「チョコレートを食べたくなる映画!」
メニュー

篠原哲雄監督、最新作の日中合作映画は「チョコレートを食べたくなる映画!」

2012年10月26日 10:00

篠原哲雄監督とプロデューサーのミッシェル・ミー「スイートハート・チョコレート」

篠原哲雄監督とプロデューサーのミッシェル・ミー
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 日中合作のラブストーリー「スイートハート・チョコレート」が10月25日、東京・六本木で開催中の第25回東京国際映画祭アジアの風部門で上映され、篠原哲雄監督、プロデューサーで脚本も兼ねるミッシェル・ミーがQ&Aセッションに出席した。

冬の北海道・夕張と中国・上海を舞台に、10年間にわたって繰り広げられる3人の男女のラブストーリーを、チョコレートをモチーフに描く。主演に「レッドクリフ」のリン・チーリン、共演に池内博之、新人の福地祐介ら。

東京国際映画祭へは3度目の参加という篠原監督は、「ついに外国映画をやることになったか」と感慨深げに挨拶。そして、「今年の冬に夕張で撮るというのが命題だったけど、諸問題があって3月になってしまった。ロケハンで確認した時には雪がなかったけど、初日が吹雪となり、映画のために雪が降ってくれたという感じ。夕張の人にとっては迷惑だったと思うけど、僕たちの映画にとってはラッキーだった」と撮影秘話を明かした。

ミーは、「2006年に『ゆうばり国際ファンタスティック映画祭』で訪れた夕張が、印象が深くとても良い思い出だった。2007年に映画祭がなくなった(現在は復活)と聞いて残念に思い、映画人として何ができるか考えた。そして夕張をたくさんの人に知ってもらえたらと、4年を経てこの作品を作ることができた」と企画の経緯を語った。篠原監督へのオファーは、「夕張を外国の人に知ってもらう映画なので、日本のことをよく分かっている監督に撮ってもらいたかった。篠原監督の作品は全部見ているし、大変好きだったのでお願いしようと思った」と語った。

篠原監督は、撮影中に主演のチーリンから度々インスパイアを受けたといい、「随所随所ディテールで言ってくれたことが面白かった。チョコレートが好きだと言って熱心にチョコレート作りに励んでくれて、見たらチョコレートを食べたくなる映画!」とアピール。ミーも、「今日は中国と日本が力をあわせて作った映画のワールドプレミア。気持ちが込もっているし、日中以外のアジアでも配給していきたい」と意欲を燃やしていた。

月とキャベツ[DVD] 月とキャベツ[DVD] 最安価格: ¥3,201 平成8年度、文化庁優秀映画作品賞を受賞した篠原哲雄監督作品。人気ミュージシャンの山崎まさよし主演。監督:篠原哲雄
劇団EXILE W-IMPACT レッドクリフ-愛-[DVD] 劇団EXILE W-IMPACT レッドクリフ-愛-[DVD] 最安価格: ¥1,790 ジョン・ウー監督の超大作「レッドクリフ」にインスパイアされ舞台作品として蘇った、劇団EXILEによる公演がDVD化!出演:リン・チーリン

フォトギャラリー

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi