阿部寛が「満足した」「代表作になる」と胸を張る主演作、TIFFでお披露目 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2012年10月26日 > 阿部寛が「満足した」「代表作になる」と胸を張る主演作、TIFFでお披露目
メニュー

阿部寛が「満足した」「代表作になる」と胸を張る主演作、TIFFでお披露目

2012年10月26日 21:00

自信を見せた伊藤匡史監督「カラスの親指」

自信を見せた伊藤匡史監督
[拡大画像]

[映画.com ニュース]阿部寛村上ショージが異色共演を果たした人情サスペンス「カラスの親指」が10月26日、第25回東京国際映画祭の特別招待作品として、東京・TOHOシネマズ六本木ヒルズで正式上映され、メガホンをとった伊藤匡史監督が舞台挨拶に立った。

日本推理作家協会賞に輝いた道尾秀介のベストセラー小説を実写化。プロの詐欺師・タケ(阿部)と新米詐欺師のテツ(ショージ)、さらに彼らの元に転がり込んできた3人の男女(石原さとみ、能年玲奈、小柳友)が、タケが抱える過去にケリをつけるべく一世一代の勝負に挑む。

伊藤監督は、主演を務める阿部について「本当にストイックで、今まで出会った俳優さんのなかではナンバーワンだと思う。常に客観的に役柄を見つめ、何をすべきか考え抜く稀有な存在」と絶賛。さらに「撮影中も『自分の演技に満足したことはない』とよくおっしゃっていた。それが試写後には『とても満足している』『自分の代表作になる』とおっしゃってくれた」と感激しきりだった。

一方、ショージに出演をオファーした際には「開口一番、『ほんま、知りまへんで』って(笑)」。それでも「ただただ純粋に、ショージさんしかいないと思った。お笑い界では“師匠”と呼ばれる人。撮影中、年下の僕から指示されるのは嫌だろうと思っていたが『もっと言ってほしい。とことんやりたいんだ』とおっしゃってくれた」と述懐。阿部とショージのコンビを“戦友”と称し、「20世紀フォックスが製作する日本映画ですが、あえて手作業を積み上げる、日本流のエンターテインメントを目指しました」と“国際舞台”でのお披露目に誇らしげだった。

カラスの親指」は11月23日より公開。

テルマエ・ロマエ 通常盤[DVD] テルマエ・ロマエ 通常盤[DVD] 最安価格: ¥3,201 古代ローマ帝国の設計技師(風呂専門)の男が浴場のアイデアに悩みまくった挙句、現代日本の銭湯にタイムスリップ!?古代ローマと現代日本を行き来する、抱腹絶倒&空前絶後のタイムスリップ風呂漫画『テルマエ・ロマエ』を奇跡の実写映画化!!出演:阿部寛
楳図かずお恐怖劇場「蟲たちの家」&「絶食」セット[DVD] 楳図かずお恐怖劇場「蟲たちの家」&「絶食」セット[DVD] 最安価格: ¥3,201 2005年でデビュー50周年を迎えた漫画家・楳図かずおによる戦慄と恐怖の傑作短編の映画化。妻に起きた異変と対峙する男の恐怖を描く。「蟲たちの家」「絶食」の2作品を収録した2枚組。監督:伊藤匡史

フォトギャラリー

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi