ミラノ唯一の羊飼いは“トトロ”のような人物「最後の羊飼い」監督が語る : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2012年10月25日 > ミラノ唯一の羊飼いは“トトロ”のような人物「最後の羊飼い」監督が語る
メニュー

ミラノ唯一の羊飼いは“トトロ”のような人物「最後の羊飼い」監督が語る

2012年10月25日 18:00

マルコ・ボンファンティ監督とプロデューサーのアンナ・ゴダーノ「最後の羊飼い」

マルコ・ボンファンティ監督とプロデューサーのアンナ・ゴダーノ
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 第25回東京国際映画祭natural TIFF部門「最後の羊飼い」が、10月24日上映され、マルコ・ボンファンティ監督とプロデューサーのアンナ・ゴダーノが観客からの質問に答えた。

忠実な犬を相棒に持ち、1500頭もの羊と移牧しながら生活しているミラノで唯一の羊飼いレナート。子どものころからの夢を叶えたレナートは、羊飼いを見たことがないという都会の子どもたちに、羊や自分の姿を見せてあげたいと願い、山中からミラノの大聖堂前まで羊を大移動させるまでを映したドキュメンタリータッチの作品。

レナートはミラノ郊外に家族と住む自宅を持つが、多くの時間をひとり山小屋で暮らし、山で放牧させて育てた羊を売って生計を立てている。ボンファンティ監督は、「自分の持っている幻想と闘っていて、非常にシャイで心を閉じてしまうところがあった。私は彼がどうして山で暮らすのかということを引き出したかった。彼は宮崎駿の“トトロ”のような人物なんだ」とレナートの人となりを説明。そして、素朴で、幼い頃からの夢を貫き通したレナートの信念を映画に引き出すために、脚本を用意したと明かした。

ミラノのドゥオーモ前に、羊が大挙するラストシーンは圧巻だ。「新市長はファッションショーで大聖堂を使うことは禁じたけれど、私たちには無料で使わせてくれたんだ。羊が道を通った後の清掃も市がやってくれました」。環境保全に理解のあるピサーピア新市長のはからいによって、本作が実現したと語った。

第25回東京国際映画祭は、10月28日まで開催。

沈黙の春を生きて[DVD] 沈黙の春を生きて[DVD] 最安価格: ¥1,642 第25回東京国際映画祭上映作品。戦場であったベトナムにおいて散布された枯葉剤の影響により、いまだに苦しんでいるベトナム・アメリカ双方の子供たちの困難と勇気を描くドキュメンタリー。
エンディングノート[DVD] エンディングノート[DVD] 最安価格: ¥3,175 第25回東京国際映画祭上映作品。熱血営業マンとして高度経済成長期を支えてきたサラリーマンが会社を退職後、第二の人生を歩み始めた矢先に、健康診断でステージ4まで進んでいた胃ガンが発覚する。娘が撮り続けた膨大な家族の記録を綴るドキュメンタリー。

フォトギャラリー

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

  • 新感染 ファイナル・エクスプレスの評論 新感染 ファイナル・エクスプレス ゾンビ映画の新境地へと観客を運ぶ、究極の特急サバイバルアクション
  • エル ELLEの評論 エル ELLE バーホーベン×フランスの大女優の化学反応が、悪女映画の歴史を塗り替える。
  • ザ・ウォールの評論 ザ・ウォール 悪魔的スナイパーに狙われるシチュエーションスリラー。“壁”の象徴性も見逃せない
映画評論の一覧を見る
Jobnavi