周防正行監督の最新作「終の信託」、第36回山路ふみ子映画賞を受賞 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2012年10月24日 > 周防正行監督の最新作「終の信託」、第36回山路ふみ子映画賞を受賞
メニュー

周防正行監督の最新作「終の信託」、第36回山路ふみ子映画賞を受賞

2012年10月24日 15:15

舞台挨拶に立った周防義和氏、種ともこ、 草刈民代、役所広司、周防正行監督「終の信託」

舞台挨拶に立った周防義和氏、種ともこ、
草刈民代、役所広司、周防正行監督
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 周防正行監督の最新作「終の信託」が10月24日、第25回東京国際映画祭の特別招待作品として、東京・TOHOシネマズ六本木ヒルズで公式上映され、周防監督をはじめ、「Shall we ダンス?」以来16年ぶりに共演を果たした草刈民代役所広司が舞台挨拶に立った。10月19日に、映画賞レースの先陣を切る第36回山路ふみ子映画賞の受賞が決定。役所は「歴史と権威ある賞をいただき、とても光栄」と登壇者を代表し、感謝を述べた。

終末医療の現場を舞台に、ある重病患者(役所)からの“信託”を受けたエリート女性医師(草刈)が下した決断と、それを殺人罪とみなす検事の攻防を描くヒューマンサスペンス。役所は「自分自身がどんな最後を迎えるのか。そして誰に何をどうやって伝えるのか考えるようになった」と挨拶。劇映画への出演は16年ぶりとなる草刈も「見る人の視点によって、意見が変わるはず。深く考えさせられ、影響を与えてくれる作品」とアピールした。

原作は現役弁護士・朔立木氏の同名小説。周防監督は「原作が描くテーマ性よりも、むしろ人と人が向き合ったときに生まれる空気感を映像化したかった」といい、「終末医療や“終活”といった社会的な動きはもちろん、近年親しい人たちを亡くしている自分にとっても医療は大きな問題。ただ、映画が生まれたのは偶然の一致」と作品への思いを語った。

舞台挨拶には本作の音楽を手がける作曲家で、周防監督の従弟である周防義和氏とシンガーソングライターの種ともこが駆けつけ、映画のエンディングテーマ曲「遠く、そして近く」を生披露した。

終の信託」は10月27日から全国で公開。

Shall we ダンス? プレミアム・エディション 初回限定生産版 2枚組[DVD] Shall we ダンス? プレミアム・エディション 初回限定生産版 2枚組[DVD] 最安価格: - 美しいダンス講師を見かけたことから、ダンスへの情熱に目覚めていくサラリーマンを中心に描いた感動ストーリー。出演:役所広司/草刈民代、監督、脚本:周防正行
エンディングノート[DVD] エンディングノート[DVD] 最安価格: ¥2,873 第35回山路ふみ子文化賞!!熱血営業マンとして高度経済成長期を支えてきたサラリーマンが会社を退職後、第二の人生を歩み始めた矢先に、健康診断でステージ4まで進んでいた胃ガンが発覚する。娘が撮り続けた膨大な家族の記録を綴るドキュメンタリー。監督:砂田麻美

フォトギャラリー

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi