タナダユキ監督、“女性ならでは”という評価に「ウンザリ」 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2012年10月24日 > タナダユキ監督、“女性ならでは”という評価に「ウンザリ」
メニュー

タナダユキ監督、“女性ならでは”という評価に「ウンザリ」

2012年10月24日 14:40

高校生と主婦の情事を描いた野心作「ふがいない僕は空を見た」

高校生と主婦の情事を描いた野心作
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 永山絢斗田畑智子がダブル主演を務める「ふがいない僕は空を見た」の女性限定試写会が10月23日、都内で行われ、メガホンをとるタナダユキ監督と原作者の窪美澄氏が、タレントでエッセイストの小島慶子が進行役を務めるトークショーに出席した。蒼井優主演の「百万円と苦虫女」以来4年ぶりの新作を発表したタナダ監督は、「よく評論などで『女性監督ならでは』と書かれることがあり、ウンザリすることも多い。個人が完全否定された気分になる」と本音を明かした。

母子家庭で育った高校生・卓巳(永山)とアニメ好きの主婦・あんず(田畑)の情事を通して、ふたりや周囲の人々の苦悩や葛藤を描き、“性”と“生”の喜びを赤裸々に切り取る野心作。窪氏が「小説は頭の中にある妄想。それが映像となって、リアルに再現されるドキドキ感を味わった。衝撃的だったし、見終わった後すぐに感想が出てこなかった」と評すと、タナダ監督は「登場人物の行動は皆、正しいと思ってやっていること。原作のもつフラットな視点を大切にした」と語った。

R18指定となった本作では、永山と田畑が狂おしい性愛を体当たりで熱演しており「何を考えているかわからない、モヤモヤした卓巳の雰囲気は永山君がもっているものに近いと思った。田畑さんは男前の一言。難しいシーンの前に悩みや迷いを聞いても『何もありません』って、こっちの肩の力が抜けて安心できた」(タナダ監督)。2児の母親でもある小島は「人はみんな生きるために、物の見方をゆがめている。ときには過ちも犯すがそれでも生きていることは『いいこと』だと思う」と不器用に生きる登場人物たちに共感を寄せていた。

ふがいない僕は空を見た」は、11月17日から全国で公開。

百万円と苦虫女[DVD] 百万円と苦虫女[DVD] 最安価格: ¥3,890 百万円を貯める度に引越しをし、その行く先々の街で様々な人々と出会い、笑ったり、怒ったり、また恋をしながら自身の生き方を模索する一人の女性を描く。出演:蒼井優、監督、脚本:タナダユキ
ハッピーフライト スタンダードクラス・エディション[DVD] ハッピーフライト スタンダードクラス・エディション[DVD] 最安価格: ¥3,201 『WATER BOYS』『SWING GIRLS』の矢口史晴監督が贈る、笑いと感動がたっぷり盛り込まれたヒコーキ・エンタテインメント!出演:田畑智子

フォトギャラリー

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

  • ジャスティス・リーグの評論 ジャスティス・リーグ ユーモアのリミッター解除。DCのスーパーヒーロー集結は王道の勧善懲悪が爽快!!
  • 希望のかなたの評論 希望のかなた フィンランドの心優しき酔いどれ詩人が紡ぐ、明日への希望
  • 光(大森立嗣監督)の評論 光(大森立嗣監督) この抜き差しならない悲劇は、不可解な問いかけとして観る者の内部に深く沈殿する
映画評論の一覧を見る
Jobnavi