ベルナー・ヘルツォーク監督、英ブッカー賞受賞作を映画化 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2012年10月24日 > ベルナー・ヘルツォーク監督、英ブッカー賞受賞作を映画化
メニュー

ベルナー・ヘルツォーク監督、英ブッカー賞受賞作を映画化

2012年10月24日 19:00

ベルナー・ヘルツォーク監督「バイオハザード」

ベルナー・ヘルツォーク監督
写真:ロイター/アフロ
[拡大画像]

[映画.com ニュース] ドイツの鬼才ベルナー・ヘルツォーク監督が、2003年の英ブッカー賞受賞作「ヴァーノン・ゴッド・リトル 死をめぐる21世紀の喜劇」を映画化すると、米バラエティ紙が報じた。

小説「ヴァーノン・ゴッド・リトル 死をめぐる21世紀の喜劇」は、オーストラリア出身の作家D・B・C・ピエールのデビュー作。シリアスな内容をきわどい笑いで展開させたため、問題作といわれた。07年、ヴィレッジブックスから邦訳が出版されている。著者は、幼い頃からアメリカ、メキシコ、オーストラリア、スペイン、イギリスを転々とし、現在はアイルランド在住だ。

テキサスの高校で銃乱射事件が発生し、生徒16人が死亡した。犯人は、主人公ヴァーノンの親友で、襲撃の後に自殺してしまう。共犯者とみなされたヴァーノンは、町の人々やマスコミに追い回され、メキシコへと逃走する。

プロデューサーのベルント・アイヒンガー(「バイオハザード」シリーズ)が企画を進めていたが、11年1月に死去したため、その妻カーチャ・アイヒンガーとシュテファン・アルントが遺志を受け継いだ。脚本家のアンドリュー・バーキン(「薔薇の名前」「パフューム ある人殺しの物語」)が、脚色を担当している。

02年のブッカー賞受賞作「パイの物語」は、アン・リー監督が「ライフ・オブ・パイ トラと漂流した227日」として映画化、日本では来年1月25日に公開される。その他、03年の最終候補に残った、ゾーイ・ヘラー著「あるスキャンダルの覚え書き」は、06年にリチャード・エアー監督によって映画化されている。ヘルツォーク監督が俳優として出演する、トム・クルーズ主演作「アウトロー」は、2013年2月1日から日本で公開。

<DVD-BOX>ヴェルナー・ヘルツォーク作品集I[DVD] <DVD-BOX>ヴェルナー・ヘルツォーク作品集I[DVD] 最安価格: ¥7,776 ベルナー・ヘルツォーク監督が手掛けた名作をDVD-BOX化!カンヌ国際映画祭監督賞受賞の「フィツカラルド」ほか、「ノスフェラトゥ」「ヴォイツェク」を収録!
薔薇の名前[Blu-ray/ブルーレイ] 薔薇の名前[Blu-ray/ブルーレイ] 最安価格: - 宗教裁判が激化している中世ヨーロッパを舞台に、修道士の連続殺人事件の解明に挑む中年の僧と見習い修道士の姿を描いたゴシック・サスペンス。脚本:アンドリュー・バーキン

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi