「50年代ジャズミュージシャンの生き方」とペトルチアーニの人生を菊地成孔が語る : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2012年10月23日 > 「50年代ジャズミュージシャンの生き方」とペトルチアーニの人生を菊地成孔が語る
メニュー

「50年代ジャズミュージシャンの生き方」とペトルチアーニの人生を菊地成孔が語る

2012年10月23日 17:45

ペトルチアーニの人生を語った菊地成孔「情熱のピアニズム」

ペトルチアーニの人生を語った菊地成孔
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 難病を患いながらも、80~90年代に名ジャズピアニストとしてその名を馳せたミシェル・ペトルチアーニの半生を映したドキュメンタリー「情熱のピアニズム」のトークイベントが10月22日、渋谷シアター・イメージフォーラムであり、ジャズミュージシャンの菊地成孔が本作やペトルチアーニの人生について語った。

骨形成不全症という障害を抱えたペトルチアーニが、幼くして音楽の才能を開花させ、フランス出身のピアニストとして初めて名門ブルーノートレコードと契約。カリスマ的人格を持ち、フランス最高のピアニストと称えられた栄光の日々、女性問題に悩まされたプライベートなど貴重な映像や関係者のインタビューを交え、36歳で死去するまでの壮絶な人生を追う。

音楽のみならず、映画にも造詣の深い菊地は、「ジャズミュージシャンの、と括らなくても非常に優れたドキュメンタリー」と本作を絶賛。「ペトルチアーニは非常に女性が好きで、こいつはワルそうだというところが余すところなく描かれている。スケベで女たらしで、いつも腹が減っていて、のんべえで。つまり、これは50年代のジャズミュージシャンの典型的なライフスタイル。80年代、破天荒に生きることが不可能になってしまった時代に唯一それを行った人」と、チャーリー・パーカーら黄金期のジャズミュージシャンたちの生き様と比較しながらペトルチアーニの稀有な才能と人生を語った。

また、本作を気に入った観客に勧める作品として、アフリカンパーカッショニストとして活躍したダウン症の青年を追った「タケオ ダウン症ドラマーの物語」を挙げ、ペトルチアーニの作品との共通点を「ハンディキャッパーをいたずらに神聖視しない。これが一番大切なこと」と指摘した。

情熱のピアニズム」は渋谷シアター・イメージフォーラムで公開中。また、本作のヒットを受け、11月17日から吉祥寺バウスシアターでの上映も決定した。

ライヴ・イン・ジャーマニー 1998[DVD] ライヴ・イン・ジャーマニー 1998[DVD] 最安価格: - 1999年に惜しくも亡くなった20世紀最後の天才ジャズピアニスト“ミシェル・ペトルチアーニ”がスティーブ・ガット、アンソニー・ジャクソンというトリオ編成で繰り広げた、最高傑作との呼び声高い歴史的名演ライブをDVD化。
マスターズ・オブ・アメリカン・ミュージック チャーリー・パーカーの伝説[DVD] マスターズ・オブ・アメリカン・ミュージック チャーリー・パーカーの伝説[DVD] 最安価格: - 1940年代にかけて、現代まで続くモダン・ジャズの原形となるビ・バップというジャズの演奏スタイルの創出・発展に大きく寄与し、当時のジャズ・シーンを大きく塗り替えてしまったジャズ界の革命児チャーリー・パーカーの音楽ドキュメンタリー。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

  • 新感染 ファイナル・エクスプレスの評論 新感染 ファイナル・エクスプレス ゾンビ映画の新境地へと観客を運ぶ、究極の特急サバイバルアクション
  • エル ELLEの評論 エル ELLE バーホーベン×フランスの大女優の化学反応が、悪女映画の歴史を塗り替える。
  • ザ・ウォールの評論 ザ・ウォール 悪魔的スナイパーに狙われるシチュエーションスリラー。“壁”の象徴性も見逃せない
映画評論の一覧を見る
Jobnavi