探偵・大徳直美氏が語る「ミッシング ID」のリアリティとは!? : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2012年10月22日 > 探偵・大徳直美氏が語る「ミッシング ID」のリアリティとは!?
メニュー

探偵・大徳直美氏が語る「ミッシング ID」のリアリティとは!?

2012年10月22日 13:15

1人で映画館に通うほどの映画好き 「女性同士が心情を探り合うシーンは誘導尋問の参考になる」「ミッシング ID」

1人で映画館に通うほどの映画好き
「女性同士が心情を探り合うシーンは誘導尋問の参考になる」
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 全米で年間80万人に上るという失踪児童の情報サイトに、自分の幼少期の写真を発見したことから、平凡な高校生が巨大な陰謀に巻き込まれるサスペンス・アクション「ミッシング ID」が、11月2日にブルーレイ&DVDリリース。同作が描く世界観は果たして現実的なのか。“女探偵ナオミ”の異名をとるセーフティーコンサルタント代表・大徳直美氏に話を聞いた。

「失踪児童は現実的な話なのか?」と質問をぶつけると、「はい、あり得る話だと思います」ときっぱり。「ある男性の愛人が、本妻が生んだ子どもを誘拐して行方をくらまし、そのまま何年も自分の子どもとして育てていたというケースがあります」と自らがかかわった事件を例に出し、「子どもが失踪する事件は、身近にいる人の犯行が多いですね」と結論づける。そして「誰がやったのか分かっていて、それが身内の場合は、警察にはほとんど届けられません」と実状を明かす。

ある家出人の捜索では、出会い系サイトに決まった時間にアクセスするという情報からネット上で網を張り、「家出した娘さんがいるネットカフェを特定した」現場にも居合わせたという。「ミッシング ID」の事件の発端も、主人公の失踪児童サイトへのアクセスがトレースされ、敵の組織に自宅が発覚したことだった。

「この映画を見ていると、個人情報は守れないんだなということがよく分かります。色々なことがネットでつながっていて、監視も出来れば跡も追えるんです。自分を守るためにはどうしたらいいのかを考えながら見てほしいですね」

そして、「GPSで位置をトレースしたり、PCのカメラを乗っ取って部屋を監視したりするシーンは恐いですけど、ああいう道具があったら便利だなあって思いました(笑)」とプロの探偵らしい意見も。「私たちもそうですが、重要な取り引きは球場や競馬場でよく行われるんです。ああいう場所は皆さん、前しか見ていませんから」と、同作のクライマックスの舞台がスタジアムであることのリアリティを強調した。

ミッシング ID」ブルーレイ&DVDは、11月2日からTSUTAYA限定でレンタル開始(セル版も同日リリース)。

ミッシングID コレクターズ・エディション[DVD] ミッシングID コレクターズ・エディション[DVD] 最安価格: ¥1,000 行方不明者サイトで見つけたのは、13年前の自分の写真―。17年間の人生が全て<偽り>と気付いた男が辿りつく、衝撃の真実とは─!?出演:テイラー・ロートナー/リリー・コリンズ、監督:ジョン・シングルトン
トワイライト~初恋~[Blu-ray/ブルーレイ] トワイライト~初恋~[Blu-ray/ブルーレイ] 最安価格: ¥1,391 ヴァンパイアと人間の越えてはいけない禁断の恋を描いたラブ・ストーリー。出演:テイラー・ロートナー

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi