岩波ホール45周年記念、名作「八月の鯨」をニュープリントで再上映 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2012年10月22日 > 岩波ホール45周年記念、名作「八月の鯨」をニュープリントで再上映
メニュー

岩波ホール45周年記念、名作「八月の鯨」をニュープリントで再上映

2012年10月22日 09:30

ニュープリントで再上映される「八月の鯨」「八月の鯨」

ニュープリントで再上映される「八月の鯨」
(C)1988 Alive Films,Inc.and Orion Pictures
Corporation.All Right Reserved.
[拡大画像]

[映画.com ニュース] リンゼイ・アンダーソン監督の「八月の鯨」が、東京・神保町にある岩波ホールの創立45周年を記念し、2013年2月16日から再上映されることが決定した。1988年に同館で封切られ、31週にわたるロングランを記録した名作が、進藤光太氏の字幕はそのままに、ニュープリントでよみがえる。

本作は、ハリウッド黄金時代を支えた大女優ベティ・デイビスリリアン・ギッシュが老姉妹を演じるヒューマンドラマ。当時、ギッシュが91歳、デイビスは79歳。美しく年齢を重ねてきたふたりの円熟した演技で、物語が紡がれる。共演にもビンセント・プライスアン・サザーンハリー・ケリー・Jr.と、ベテランの名優がそろった。ギッシュはカンヌ映画祭で特別賞を受賞したが、本作が遺作になった。

セーラ(ギッシュ)とリビー(デイビス)は、メイン州の小さな島にあるセーラの別荘で夏を過ごしていた。少女時代の楽しみだった、8月になるとやってくる鯨の姿は、今はない。病気で目の見えなくなったリビーは人生をあきらめ、周囲の人々に辛らつにあたるため、リビーの世話をするセーラは、心を痛めていた。

ミニシアターの先駆けといわれる岩波ホールは、1968年2月にオープンし、当初は「映画講座」「音楽サークル」「古典芸能シリーズ」「学術講座」の4テーマを中心にした企画で運営をスタート。74年に“エキプ・ド・シネマ(仏語で「映画の仲間」の意)”を発足して以降、良質ながら大手が配給しない作品を世界中から集め、上映してきた。「八月の鯨」は、観客動員数13万3005人、興行収入1億7921万5900円という、同館歴代3位の興行成績を収めている。

八月の鯨」ニュープリント版は、2013年2月16日から岩波ホールほか全国で順次公開。

八月の鯨[DVD] 八月の鯨[DVD] 最安価格: ¥991 ささやかな日常に息づくドラマを味わい深く描いた作品。監督:リンゼイ・アンダーソン、出演:ベティ・デイビス/リリアン・ギッシュ/ビンセント・プライス/アン・サザーン/ハリー・ケリー・Jr.
散り行く花[DVD] 散り行く花[DVD] 最安価格: ¥2,759 サイレント時代を代表する女優リリアン・ギッシュ主演による悲劇の物語。監督・脚本はD・W・グリフィス。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi