劇場支配人も経験、榎本憲男監督2作目がTIFFで上映「とても光栄」 - 画像1 : 映画ニュース

劇場支配人も経験、榎本憲男監督2作目がTIFFで上映「とても光栄」

2012年10月21日 20:25

「何かが壁を越えてくる」舞台挨拶の様子

フォトギャラリー

すべては海になる[DVD] すべては海になる[DVD] 最安価格: ¥3,027 「やっぱり猫が好き」「時効警察」などの脚本を担当する“山田あかね”が、自身の小説を元に映画監督デビューを果たしたラブ・ストーリー。製作:榎本憲男
罪とか罰とか[DVD] 罪とか罰とか[DVD] 最安価格: ¥4,071 ひょんなことから警察署の“一日警察署長”をすることになった、崖っぷちグラビアアイドルを描くコメディ・ムービー!企画:榎本憲男

関連DVD・ブルーレイ情報

画像で見るニュース

  • 松江哲明監督、脳障害を負ったGOMAと歓喜の舞台挨拶
  • 篠崎誠監督、晴れの舞台で脚本を務めた愛弟子を称賛!
  • 劇場支配人も経験、榎本憲男監督2作目がTIFFで上映「とても光栄」
  • ニック・カサベテス監督、インディペンデント製作の醍醐味語る
  • コンペ出品「黒い四角」奥原監督、オール北京ロケも苦労は日本と変わらず?
  • “ガラスの喉”もつ大泉洋、パンク歌唱にビビる
画像で見るニュースをもっと見る

ブログパーツ

ブログパーツ映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

注目情報

映画評論

  • ラ・ラ・ランドの評論 ラ・ラ・ランド アーティストの悲哀と恋愛の悲哀。2種の悲哀が絡み合って切ないドラマを生む
  • 愚行録の評論 愚行録 単なる露悪的なカリカチュアを越えた、確かなリアリティが息づいている
  • ナイスガイズ!の評論 ナイスガイズ! 1970年代的な荒っぽい見せ場と血の通ったキャラクターに胸が弾むバディ活劇
映画評論の一覧を見る
Jobnavi