劇場支配人も経験、榎本憲男監督2作目がTIFFで上映「とても光栄」 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2012年10月21日 > 劇場支配人も経験、榎本憲男監督2作目がTIFFで上映「とても光栄」
メニュー

劇場支配人も経験、榎本憲男監督2作目がTIFFで上映「とても光栄」

2012年10月21日 20:25

「何かが壁を越えてくる」舞台挨拶の様子「何かが壁を越えてくる」

「何かが壁を越えてくる」舞台挨拶の様子
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 劇場支配人、プロデューサー、脚本家など幅広い活動で知られる榎本憲男氏の監督2作目「何かが壁を越えてくる」が10月21日、東京・TOHOシネマズ六本木ヒルズで行われている第25回東京国際映画祭の日本映画・ある視点部門で公式上映された。上映を前に、榎本監督をはじめ、出演者の今村沙緒里佐々木ちあき上村龍之介が舞台挨拶に立った。

夜を徹して車を走らせる主人公3人の姿を通して、リアルな青春群像を切り取るロードムービー。2011年に劇場公開もされた監督デビュー作「見えないほどの遠くの空を」が同年、ワルシャワ国際映画祭に正式招待された榎本監督は「再び、国際映画祭という舞台で自分の作品が上映されることになり、とても光栄」と挨拶した。

今村は蜷川スタジオ出身の新進女優で「私のつたない部分も含めて、この作品を好きになってもらえれば」。共演する佐々木は「短い時間のなかで、仲良くリハを重ねながら撮影できた」と振り返り、劇中で披露したウクレレの演奏を「手にするのも初めてで練習は大変でしたが、ぜひ練習の成果を見ていただければ」とアピール。“運転手”役の上村は「芝居よりも運転していた時間が長かった」と苦笑しながら、「現場では最小限のスタッフの皆さんが、テキパキ動いてくださった。すばらしい場で上映してもらえて、うれしい」とスタッフへの感謝とともに、今回の公式上映に胸を張った。

何かが壁を越えてくる」は、篠崎誠監督の新作「あれから」との2本立てで、10月24日にもTOHOシネマズ六本木ヒルズで上映される。

すべては海になる[DVD] すべては海になる[DVD] 最安価格: ¥2,257 「やっぱり猫が好き」「時効警察」などの脚本を担当する“山田あかね”が、自身の小説を元に映画監督デビューを果たしたラブ・ストーリー。製作:榎本憲男
罪とか罰とか[DVD] 罪とか罰とか[DVD] 最安価格: ¥2,538 ひょんなことから警察署の“一日警察署長”をすることになった、崖っぷちグラビアアイドルを描くコメディ・ムービー!企画:榎本憲男

フォトギャラリー

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi