「探偵はBARにいる2」札幌で撮入 大泉洋はアクション増にあきれ顔 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2012年10月19日 > 「探偵はBARにいる2」札幌で撮入 大泉洋はアクション増にあきれ顔
メニュー

「探偵はBARにいる2」札幌で撮入 大泉洋はアクション増にあきれ顔

2012年10月19日 05:00

コンビ復活となる大泉洋と松田龍平「探偵はBARにいる」

コンビ復活となる大泉洋と松田龍平
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 大泉洋が主演し大ヒットを飾った「探偵はBARにいる」の続編にあたる、「探偵はBARにいる2」がこのほど、北海道・札幌でクランクインした。原作は、東直己氏のススキノ探偵シリーズ第5作「探偵はひとりぼっち」。探偵の衣装に身を包んだ大泉は、「気合入りましたね、久々に。びしっとね! 髪もかちっとして、コートもばしっと着て。始まった! と。改めて着てみて、このコート重いなと思いました」と“舌”好調の様子で、喜びをあらわにした。

昨年9月10日に全国251スクリーンで封切られた前作「探偵はBARにいる」は、第24回日刊スポーツ映画大賞で石原裕次郎賞を受賞、第35回日本アカデミー賞で作品賞を含む7部門に名を連ねるなど、多くの映画賞を席巻。今回も、大泉演じる探偵と松田龍平扮するマイペースな相棒・高田のコンビは健在で、札幌ススキノを縦横無尽に駆けめぐる。

今作は、探偵が足繁く通うショーパブの従業員で、友人でもあるオカマのマサコちゃんが殺害され大きく動き出す。手品が得意だったマサコちゃんは、マジックコンテストの全国大会に出場したばかりだった。遅々として捜査が進まないなか、探偵は「マサコちゃんは政界の闇に触れて殺された」という噂を耳にする。時を同じくして、探偵を尾行してきた女から受けた事件究明の依頼。友人の死に隠されたものを調べるため、探偵と高田は自分たちのルールで真相に迫る。

前作よりもアクションが増えているそうで、大泉は「今回はひどいですね! バカじゃないの?っていう。アニメじゃないんだから! こんなことできないですよ! 車から車に飛び移るとか、どうするんでしょうね」とあきれ顔。松田も同調し、「“え? これやるの?”っていうようなことが、さらっと台本に書かれているので。へたしたら見逃すくらいの(笑)。大変そうですけど、面白くなりそうです」と意欲をみなぎらせる。

さらに、大泉は見どころを「探偵の激しいベッドシーンがあったので、驚きました。いよいよ、ベッドシーンか!」とほのめかしている。ロードムービー的な要素も含まれているといい、「探偵と高田とヒロインがひとつの車で旅をする。そこでの友情じゃないけど、そういう楽しさがあるんじゃないですかね」と話した。

ロケ地・札幌では、前作の撮影に使われた飲食店などが観光スポットと化しており、配給の東映によれば経済効果は7億円にのぼるという。また、DVDの売れ行きも好調で、年内には実売が6万枚に達する見込みだ。今作以降もシリーズ化が続くようであれば、さらなる“現象”を生み出すことは間違いない。11月上旬にクランクアップ予定。

「探偵はBARにいる2」は、2013年5月11日から全国で公開。

探偵はBARにいる 「探偵はここにいる!ボーナスパック」[DVD] 探偵はBARにいる 「探偵はここにいる!ボーナスパック」[DVD] 最安価格: ¥3,672 東直己原作による“ススキノ探偵シリーズ”第2作「バーにかかってきた電話」を映画化。札幌・ススキノを舞台に、この街の裏も表も知り尽くした探偵の活躍を描くハードボイルド・エンターテインメント!大泉洋、松田龍平ほか出演。PG-12指定作品。
しあわせのパン[DVD] しあわせのパン[DVD] 最安価格: ¥3,966 東京から北海道へ移り住み、湖が見渡せる丘の上でパンカフェ「マーニ」を始めた夫婦と、そのお店を訪れる様々な人々の人生模様を描いたドラマ。出演:大泉洋

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

  • 新感染 ファイナル・エクスプレスの評論 新感染 ファイナル・エクスプレス ゾンビ映画の新境地へと観客を運ぶ、究極の特急サバイバルアクション
  • エル ELLEの評論 エル ELLE バーホーベン×フランスの大女優の化学反応が、悪女映画の歴史を塗り替える。
  • ザ・ウォールの評論 ザ・ウォール 悪魔的スナイパーに狙われるシチュエーションスリラー。“壁”の象徴性も見逃せない
映画評論の一覧を見る
Jobnavi