堤幸彦監督「大事な才能失った」映画監督・若松孝二さんの死を悼む : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2012年10月18日 > 堤幸彦監督「大事な才能失った」映画監督・若松孝二さんの死を悼む
メニュー

堤幸彦監督「大事な才能失った」映画監督・若松孝二さんの死を悼む

2012年10月18日 19:57

若松孝二さんの死を悼んだ堤幸彦監督「悼む人」

若松孝二さんの死を悼んだ堤幸彦監督
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 堤幸彦監督が10月18日、演出を手がける舞台「悼む人」の最終舞台稽古を前に、東京・渋谷のパルコ劇場で、主演を務める向井理小西真奈美手塚とおる真野恵里菜伊藤蘭とともに取材に応じ、17日夜、交通事故後に搬送された病院で死去した映画監督の若松孝二さんについて「本当に残念ですね。尊敬していましたし、またひとり日本映画の大事な才能が失われた」と突然の死を悼んだ。

天童荒太氏が7年の歳月をかけて書き上げ、第140回直木賞を受賞した同名原作を初めて舞台化。全国を放浪し死者を“悼む”旅を続ける主人公・坂築静人(向井)を軸に、夫を殺した罪で刑期を終えた女(小西)、人間不信の雑誌記者(手塚)、末期がんの母(伊藤)、恋人の子を身ごもる妹(真野)らの思いが交差しながら、人間の死生観を浮き彫りにしていく。

向井は今回の難役に「本当に難しいし、今も迷いながら舞台に立っています」と本番前日の心境を吐露。それでも「迷いながら、しっかり着地していければ。舞台ならではのプレッシャーと楽しさを味わいながら、最後まで新鮮な気持ちを持ち続けたい」と抱負を語った。東京公演を皮切りに、全国11カ所で上演される予定で「楽しみなのは食べ物とお酒。それしかないです(笑)」とご当地グルメに期待を寄せていた。

本格的な舞台出演は約8年ぶりとなる小西は「自分のことで精いっぱい」と緊張の面持ち。手塚は「毎日楽しいです。明日の初日が楽しみ」と胸を踊らせ、真野は「子どもを身ごもった経験はないので、難しいです。焦りもあるが、この舞台が終わった後で『顔つきが変わったね』と言われるように頑張りたい」と決意表明。伊藤は「情熱的でピュアな面をもった男性」と息子役の向井を評していた。

今回の舞台化では登場人物を5人に絞り、各自のモノローグを生かした芝居と印象的なイメージ写真と映像を交えて物語を構成し、原作の世界観を再構築する。脚本は映画、ドラマでの経験も豊富な大森寿美男が手がける。

悼む人」は10月19~28日、渋谷・パルコ劇場で上演される。

「劇場版 SPEC~天~」警視庁公安部公安第五課 未詳事件特別対...[Blu-ray/ブルーレイ] 「劇場版 SPEC~天~」警視庁公安部公安第五課 未詳事件特別対...[Blu-ray/ブルーレイ] 最安価格: ¥2,527 新感覚の刑事ドラマ「SPEC」の劇場版!ある日、特別捜査官の当麻と瀬文の元に“ミイラ死体殺人事件”のニュースがもたらされる。はたしてこれはスペックホルダーによる犯行なのか?事件は次第に国家をも揺るがす規模へとなってゆく─。監督:堤幸彦
若松孝二 初期傑作選 DVD-BOX 4[DVD] 若松孝二 初期傑作選 DVD-BOX 4[DVD] 最安価格: - 日本映画界に多大な影響を与えた巨匠、若松孝二監督の傑作映画をひとつにしたDVD-BOX第4弾。「壁の中の秘事」「胎児が密猟する時」「犯された白衣」の3作品収録。

フォトギャラリー

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi