高橋惠子23年ぶり主演作、セリフ少ない初老女性役に「胃が痛くなる思い」 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2012年10月17日 > 高橋惠子23年ぶり主演作、セリフ少ない初老女性役に「胃が痛くなる思い」
メニュー

高橋惠子23年ぶり主演作、セリフ少ない初老女性役に「胃が痛くなる思い」

2012年10月17日 12:40

京都造形芸術大学とプロのスタッフ・キャストがタッグ「カミハテ商店」

京都造形芸術大学とプロのスタッフ・キャストがタッグ
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 女優の高橋惠子が10月16日、都内で行われた23年ぶりの主演映画「カミハテ商店」の完成披露試写会に、あがた森魚、本作のプロデューサーで夫の高橋伴明氏、山本起也監督らとともに登壇した。静かな初老の女性を演じた高橋は「セリフも少なく、発散する場も少なく、胃が痛くなる思いもしました」と役作りの苦労を語った。しかし一方で、「(心の)内面を埋めていく作業が大変でもあり、やりがいがあるところでもありました」と喜びも感じていたことを明かした。

本作は、チェコのカルロビ・バリ国際映画祭のメインコンペティション部門に選出。物語は、生と死を題材とする繊細なヒューマンドラマで、自殺の名所になってしまった断崖絶壁の近くで、一軒の古い商店を営む女性を高橋が演じている。京都造形芸術大学とプロのスタッフ・キャストがタッグを組む、北白川派映画の第3弾だ。

今回が劇映画デビューとなった山本監督は、「今の日本映画だと成り得ないような題材を、なんとかこういった形で映画にできました」と安堵の表情。完成の喜びをにじませた伴明氏は、「起承転結があるような、ないような映画になっていると思います」と述べ、さらに製作陣に対して「こういうゆったりした撮り方をしたことがないので、非常に勉強になりました」と敬意を示した。

舞台挨拶後の囲み取材では、高橋自らが質問者となり、主演に選んだ理由を夫に問いかけるひと幕も。突然の問いに伴明氏は驚きながらも真摯に答え、夫婦の温かなやり取りで場を和ませた。笑顔で夫の言葉に耳を傾けていた高橋は、「この役を振っていただいて、すごく役の幅が広がった。こういう作品ってありそうでない貴重な作品だと思います」と感謝を口にした。

カミハテ商店」は、11月10日から全国で公開。

ちゃんと伝える スペシャル・エディション[DVD] ちゃんと伝える スペシャル・エディション[DVD] 最安価格: ¥1,854 AKIRA(EXILE)初主演作は、鬼才・園子温監督による“愛”と“優しさ”の珠玉のヒューマンドラマ。監督が亡き父への想いを込めた渾身作。出演:高橋惠子
BOX 袴田事件 命とは[DVD] BOX 袴田事件 命とは[DVD] 最安価格: ¥2,052 平成十九年、元裁判官・熊本典道が発した告白「袴田事件は無罪である」。この苦悩に満ちた四〇年目の告白が、マスコミに、世論に衝撃を与えた。これは昭和四十一年六月三〇日未明、静岡県清水市で起きた<袴田事件>を基にした命の物語である。監督・脚本:高橋伴明

フォトギャラリー

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi