実力派バンド“MUCC”が「ウーマン・イン・ブラック」イメージソングに! : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2012年10月17日 > 実力派バンド“MUCC”が「ウーマン・イン・ブラック」イメージソングに!
メニュー

実力派バンド“MUCC”が「ウーマン・イン・ブラック」イメージソングに!

2012年10月17日 18:30

「ウーマン・イン・ブラック」ポスター(左)とMUCC(右)「ウーマン・イン・ブラック 亡霊の館」

「ウーマン・イン・ブラック」ポスター(左)とMUCC(右)
[拡大画像]

[映画.com ニュース] ダニエル・ラドクリフが、「ハリー・ポッター」シリーズ完結後の新たなスタート作に選んだ「ウーマン・イン・ブラック 亡霊の館」の日本版イメージソングを、ロックバンド「MUCC」(ムック)が担当することが分かった。

逹瑯(ボーカル)、ミヤ(ギター)、YUKKE(ベース)、SATOち(ドラムス)の4人から成るMUCCは、ガンズ・アンド・ローゼズの来日公演でオープニング・アクトを努めた経験も持つ実力派ロックバンドで、国内のみならずヨーロッパ、アメリカ、南米ほか13カ国で単独公演を行うほどの人気を誇る。今回イメージソングに起用された楽曲「G.G.」は“ゴシップ・ガール”の略で、劇中でラドクリフ演じる弁護士アーサーが調査で訪れた謎の屋敷に出現する亡霊、“黒衣の女”を強くイメージさせる内容となっている。

MUCCのリーダーのミヤは、「今回、日本のイメージソングに採用していただいてとても光栄です。ホラー映画は海外だとロックバンドやメタルバンドがイメージソングをやっていることが結構多く、憧れでもあったので日本でこういうコラボレーションが出来たことがうれしいです。すごく硬派でいいホラー映画だと思うので、皆さんにも楽しんでほしいです」とコメント。同曲は10月20日から公開劇場を中心に上映される予告編で使用され、さらにはMUCCのPVにも黒衣の女が登場する予定だ。

ウーマン・イン・ブラック 亡霊の館」は、イギリスの傑作ホラー小説を「キック・アス」「X-MEN:ファースト・ジェネレーション」の脚本家ジェーン・ゴールドマンが脚色し、60年代に怪奇映画で一世を風靡した老舗ホラー・レーベルのハマー・フィルムが映画化したゴシック・ホラー。19世紀末の田舎町を舞台に、愛妻を亡くして失意のどん底にいる若き弁護士が恐るべき呪いの連鎖に巻き込まれていく姿を描く。12月1日より全国公開。

-MUCC 15th Anniversary Year Live-「MUCC vs ...[DVD] -MUCC 15th Anniversary Year Live-「MUCC vs ...[DVD] 最安価格: ¥1,807 2012年で結成15周年を迎えた6月9日「ムックの日」に、幕張メッセにて開催されたワンマンライブを映像化!!「-MUCC 15th Anniversary Year Live-MUCC vs ムック vs MUCC」不完全盤第1弾は「2002~2007 -死生-」を収録!特典CD付き。
ハリー・ポッター ウィザード・コレクション[Blu-ray/ブルーレイ] ハリー・ポッター ウィザード・コレクション[Blu-ray/ブルーレイ] 最安価格: - J.K.ローリング原作のベストセラー小説を映画化した、数奇な運命を背負った魔法使いの少年の成長と冒険を壮大なスケールで描く傑作ファンタジー「ハリー・ポッター」シリーズのコレクション・ボックス!1,000セット限定生産商品。出演:ダニエル・ラドクリフ

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi