滝田洋二郎監督、囲碁三段の免状授与も「腕のことは聞かないで」 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2012年10月16日 > 滝田洋二郎監督、囲碁三段の免状授与も「腕のことは聞かないで」
メニュー

滝田洋二郎監督、囲碁三段の免状授与も「腕のことは聞かないで」

2012年10月16日 13:50

囲碁三段の免状を授与された滝田洋二郎監督「天地明察」

囲碁三段の免状を授与された滝田洋二郎監督
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 最新作「天地明察」が公開中の滝田洋二郎監督が10月16日、映画を通じ囲碁の普及に貢献したとし、東京・市ヶ谷にある日本棋院から三段の免状が特別に授与された。

おくりびと」で知られる滝田監督が、第7回本屋大賞を受賞した冲方丁の同名小説を映画化。岡田准一演じる天文暦学者・渋川春海が、20年以上の歳月をかけて日本独自の太陰暦を作り上げるという大事業に挑む姿を描く。囲碁の名家に生まれ、碁打ちとしても七段の段位をもち徳川家に仕えた安井算哲(後の渋川春海)が、良きライバルであり史上最高の棋士と謳われた本因坊道策(横山裕)との息詰まる対局シーンを繰り広げるなど、囲碁の魅力もふんだんに描かれている。

日本棋院顧問の大竹英雄氏は、「おめでとうございます。映画も素晴らしかった。これを機に碁界が皆さまに認知されればありがたい。ちょっとずるかったかもしれませんが、授与します」と滝田監督に免状を授与。滝田監督は、「『天地明察』をつくる時に日本棋院の皆さまには最初から最後までご指導いただき、まずは感謝」と謝辞を述べながら、「こんな立派な免状をいただきましたが、腕のことは聞かないでください。少しでも追いつくように頑張りたい」と苦笑い。「いくつか対局を拝見させていただき、選ばれた人だけがもつ時間や空気、濃密な戦いに大変感動した。勝負師の顔は素晴らしい。美しい日本人を見た思いがした」と感慨にひたった。

また、「映画はストーリーも流れるけれど感情の流れもつかまないといけない。感情をピークにもっていったり、布石や伏線をちゃんと張ることでクライマックスの効果を出す。“捨てカット”など全然違うシークエンスを撮ったりすることで、新しい芽を見つけたりと駆け引きをするもの」と囲碁と映画作りの共通点を語った。そして、「映画もできてみなければ分からないところがあって、最善を尽くしたけど一手ずれていたみたいなことはある。碁盤は宇宙、碁石は星と言われていて、雄大であり答えが出るようで出ない。だけどみんなそれを求めてチャレンジしていく。それは映画づくりにも似ているし、生きていくことにも似ている。僕も映画の現場で自分の宇宙にどっぷりと浸かりたい」とますます意欲をみなぎらせていた。

おくりびと[DVD] おくりびと[DVD] 最安価格: ¥2,827 求人広告を手に会社を訪れた大悟は、社長から思いもよらぬ業務内容を告げられる。それは遺体を棺に収める「納棺」という仕事だった。納棺師の見習いとして働き出す青年と様々な境遇のお別れを描いた感動のドラマ。監督:滝田洋二郎
木更津キャッツアイ BOX付き全5巻DVDセット[DVD] 木更津キャッツアイ BOX付き全5巻DVDセット[DVD] 最安価格: ¥16,006 千葉県の木更津市を舞台に、地元の若者たちの青春と成長を「友人の死」をテーマに明るく描いたドラマ。出演:岡田准一

フォトギャラリー

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi