村上淳、「希望の国」で園子温監督と3度目タッグ 「毎回、映画の神が舞い降りる」 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2012年10月13日 > 村上淳、「希望の国」で園子温監督と3度目タッグ 「毎回、映画の神が舞い降りる」
メニュー

村上淳、「希望の国」で園子温監督と3度目タッグ 「毎回、映画の神が舞い降りる」

2012年10月13日 17:00

園子温監督作「希望の国」について語った村上淳「希望の国」

園子温監督作「希望の国」について語った村上淳
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 俳優の村上淳が10月12日、都内で行われた出演作「希望の国」の特別試写会に出席した。東日本大震災から数年後の架空の土地を舞台に、新たな地震と原発事故に翻ろうされる家族の姿を描いた園子温監督の最新作。「毎回、『すごいショットが撮れてしまっている』という映画の神が舞い降りる瞬間がある。きっと監督の熱量と誠実さがそうさせていると思うし、現場では誰よりも身を削っているから、俳優として信頼できる」と「夢の中へ」(2005)、「ヒミズ」(12)に続く3度目のタッグを熱っぽく語った。

村上は「あの大きな地震を前に、何の歯も立たないという状況で、エンターテインメント業界にいるすべての人間は、何をすべきか考えさせられたと思う」と3.11直後の心境を吐露。それだけに、原発を題材にした本作への出演には「俳優としての覚悟があった。少なくとも映画を信じているし、スクリーンには時代が映っているべき」と振り返る。気持ちが重くなりがちな現場では、「あっけらかんとしたムラジュンの良さを消すような演出はしないから、ムラジュンにも存在感を消さないでほしい。笑顔で撮ろう」という園監督の言葉に励まされたという。

園監督の現場は、手持ちカメラを多用するなど機動性の高さが特徴だが「今回は現場に(カメラの)三脚があって、まず驚いた。いい意味で期待を裏切り、王道中の王道を撮りたいという“次の攻め”はさすがだなと感じた」。被災地・気仙沼でのロケを「きっと被災地にカメラを持ち込まないと、何十年後かに後悔すると思ったはず」と園監督の思いを代弁していた。

「映画を見て感じたのは、やっぱり日本は美しいんだということ。そして園監督は改めて詩人なんだなと」と村上。また、ベテラン俳優・夏八木勲との共演を「現場で台本を広げる姿は一度も見ていないし、テストでも一切手を抜かない。常にビッとされていて、俳優として、人として大きさを感じた。40歳を前に、共演できたことは今後の俳優人生にとても影響してくると思う」と語っていた。

希望の国」は10月20日から公開。

夢の中へ[DVD] 夢の中へ[DVD] 最安価格: ¥3,292 冴えない劇団員の男がテロリストになったり、取調べを受けたりする不思議な夢に浸食されていく物語を描いた作品。監督・脚本:園子温、出演:村上淳
ヒミズ コレクターズ・エディション[DVD] ヒミズ コレクターズ・エディション[DVD] 最安価格: ¥4,071 住田祐一、茶沢景子、ふつうの未来を夢見る15歳。しかし、そんな2人の日常は、ある“事件”をきっかけに一変。衝動的に父親を殺してしまった住田は、そこからの人生をオマケ人生と名付け、世間の害悪となる悪党を殺していこうと決める。自ら未来を捨てることを選んだ住田に、茶沢は再び光を見せられるのか─。監督・脚本:園子温、出演:村上淳

フォトギャラリー

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi