臼田あさ美&舩橋淳監督、最新作引っさげ釜山映画祭で舞台挨拶 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2012年10月12日 > 臼田あさ美&舩橋淳監督、最新作引っさげ釜山映画祭で舞台挨拶
メニュー

臼田あさ美&舩橋淳監督、最新作引っさげ釜山映画祭で舞台挨拶

2012年10月12日 13:30

舞台挨拶に立った臼田あさ美と舩橋淳監督「桜並木の満開の下に」

舞台挨拶に立った臼田あさ美と舩橋淳監督
(C)2012『桜並木の満開の下に』製作委員会
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 女優でモデルの臼田あさ美が主演した「桜並木の満開の下に」が10月10日(現地時間)、第17回釜山国際映画祭アジア映画ファンドでワールドプレミア上映され、臼田と舩橋淳監督が舞台挨拶に立った。

今作は、臼田をはじめ三浦貴大高橋洋が主演し、東日本大震災後の茨城・日立を舞台にゆるされざる恋の行方を描く。ドキュメンタリー映画「フタバから遠く離れて」で福島・双葉町の人々に密着した舩橋監督がメガホンをとり、脚本も兼ねた。松本まりか三浦力小澤雄志柳憂怜らが共演している。

臼田と船橋監督はこの日、本編上映後のQ&Aにも出席。会場に集まった観客からは、今作の背景となっている震災や撮影技術についての質問が投げかけられた。船橋監督は、震災発生後の12年4月に日立市で撮影を敢行したが、もともと震災以前に撮影を行う予定であったことを明かした。震災を経てシナリオに変化があったかどうか問われると、「東日本大震災以後の日本には湿りがちな空気、つまり当分は上向きの状況にはならないだろうという感覚が共有されていると思います。ただ、そのような空気のなかでも発見できる生き方が人間にはあると思います」と持論を展開した。

さらに、船橋監督は「時間を描きたい、余韻を残したい」という思いからフェードイン、フェードアウトを多用したと説明。オダギリジョーが主演した「ビッグ・リバー」(2005)をアメリカで撮影しており、「2007年にアメリカから日本に戻って以来、人間は感情の動物であることをしばしば実感します。日本では謝ればすむことが往々にしてありますが、アメリカではそうはいきません」。そして、「今はありえない男女の関係をシリーズで描きたいと思っています。(今作のテーマとなっている)自分の夫を殺した男を愛する、というのがそうです。一見ありえない関係ですが、180度変わってそういうことが起こるのもありえる」と語った。

桜並木の満開の下に」は、2013年春全国ロードショー

鈴木先生 完全版 DVD-BOX[DVD] 鈴木先生 完全版 DVD-BOX[DVD] 最安価格: - 黒ブチ眼鏡とループタイがトレードマークの若き悩める教師が活躍する大人も楽しめる学園ドラマ!出演:臼田あさ美
ビッグ・リバー[DVD] ビッグ・リバー[DVD] 最安価格: ¥1,620 初の海外進出となるオダギリジョー主演、海外からも高い評価を得ている船橋淳監督で贈る珠玉のロードムービー。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi