ダルビッシュ弟・KENTA、伊藤英明に注ぐあこがれの眼差し : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2012年10月12日 > ダルビッシュ弟・KENTA、伊藤英明に注ぐあこがれの眼差し
メニュー

ダルビッシュ弟・KENTA、伊藤英明に注ぐあこがれの眼差し

2012年10月12日 10:00

ダルビッシュ有の弟KENTAが本格的俳優デビュー「悪の教典」

ダルビッシュ有の弟KENTAが本格的俳優デビュー
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 生徒たちから“ハスミン”と慕われる人気教師は、実はサイコキラーだったという、衝撃的なストーリーで話題を集めている貴志祐介のミステリー小説が、三池崇史監督&伊藤英明主演で映画化。しかも、映画の封切りを前に、映画と連なるオリジナルドラマ「悪の教典-序章-」(監修・三池崇、監督・野本史生)が、10月15日から4話配信でdマーケットVIDEOストア&BeeTVに登場する。映画「悪の教典」とドラマ「悪の教典-序章-」で、本格的に俳優の道を歩き出したKENTAが、作品の魅力、本作における自身の挑戦を語った。(取材・文/新谷里映、写真/本城典子)

「映画はバイオレンスなエンタテインメントで、ドラマはキャラクターの内面的を描いた面白さがありますね」。両方を見ることで、より「悪の教典」を楽しめると説明するのは、両作品に出演する俳優でタレントのKENTA。伊藤演じる蓮実(通称:ハスミン)が担任として受け持つ2年4組の生徒のひとり、蓼沼将大を演じている。

蓼沼役は最後までキャスティングが難航した役柄。「コレだ!」という人物が現れるまで妥協を許さなかった三池監督のお眼鏡にかなったのが、KENTAだった。「おそらく、監督は僕自身の内面から出ているものを求めていたんだと思います。映画の撮影現場はめちゃめちゃ緊張しましたけど、監督から、演技は後からついてくるから、自分が教えるから安心しろと。内面からにじみ出ているものがあったから蓼沼におまえを選んだんだ、と言ってもらえて。その言葉はものすごく励みになりました」と振り返る。

三池監督が感じ取ってくれた“KENTA”らしさを大切に芝居に臨んだわけだが、ただ1点、撮影前に「最低でも5キロ減量しろ」という、外見的な役作りを求められたと苦笑い。その役作り(ダイエット)に力を貸してくれたのは、兄でありテキサス・レンジャーズの投手である日本球界の至宝、ダルビッシュ有だった。

「監督から『蓼沼を演じるためにまず痩せろ! 5キロは痩せろ!』って言われたんです。また、ちょうど同じ頃に、レンジャーズの開幕戦を見に行っていて、兄貴からも『太りすぎやろ?』って言われて(笑)。で、ダイエット方法を伝授してもらいました」。その内容は、朝起きてすぐのランニングマシーンとストレッチ、黄味1つ白身3つのオムレツの朝食など、スポーツ選手が実践しているメニューだけあり「地獄でしたね……」と吐露するが、努力の甲斐あって1週間で5キロの減量に成功。“札付きのワル”というキャラクターイメージに添った、キリッと引き締まった蓼沼がスクリーンに映し出されている。

また、主演の伊藤との共演については「動き、声の出し方、目線……演技のすべてに経験を積んでいるんだな、という凄味を感じましたね。それに、すごく気さくで優しいんです!」と、尊敬とあこがれの眼差(まなざ)し。さまざまな刺激を受けたドラマ「悪の教典-序章-」と映画「悪の教典」は、KENTAにとって本格的な俳優として絶好のスタートとなった。

ドラマ「悪の教典-序章-」は10月15日からdマーケットVIDEOストア&BeeTVで4話配信、10月19日にDVDリリース。映画「悪の教典」は11月10日から公開。

悪の教典 -序章-[DVD] 悪の教典 -序章-[DVD] 最安価格: ¥3,036 ミステリー界を震撼させた禁断の小説、衝撃の映画化!出演:伊藤英明、原作:貴志祐介、監督:野本史生
愛と誠 コレクターズ・エディション 期間限定生産(2枚組)[DVD] 愛と誠 コレクターズ・エディション 期間限定生産(2枚組)[DVD] 最安価格: ¥1,231 梶原一騎・ながやす巧による伝説のコミックを、天才監督・三池崇史によって完全映画化!

フォトギャラリー

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi