アカデミー賞外国語映画賞に史上最多の71カ国が出品 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2012年10月12日 > アカデミー賞外国語映画賞に史上最多の71カ国が出品
メニュー

アカデミー賞外国語映画賞に史上最多の71カ国が出品

2012年10月12日 17:46

アカデミー賞外国語映画賞日本代表となった「かぞくのくに」「最強のふたり」

アカデミー賞外国語映画賞日本代表となった「かぞくのくに」
(C)2011 Star Sands, Inc.
[拡大画像]

[映画.com ニュース]来年のアカデミー賞外国語映画賞に、史上最多となる71カ国が出品したと、ハリウッド・レポーター紙が報じた。

アメリカ国内で10月1日までに劇場公開された外国語映画が対象で、各国1作品のみエントリーできる。現在のところ有力作品は、カンヌ映画祭でパルムドールを受賞したオーストリアの「Amour」(ミヒャエル・ハネケ監督)と、フランスで記録的なヒットとなった「最強のふたり」(エリック・トレダノオリビエ・ナカシュ監督)。日本からは、「かぞくのくに」(ヤン・ヨンヒ監督)がエントリーしている。

出品作は、映画芸術科学アカデミーの執行委員とボランティアから構成される外国語映画選定委員会が審査し、6作品を選出。さらに執行委員会が3作品を追加し、計9作品を対象に2つの委員会が投票を実施。上位5作品がノミネート作品に選ばれる仕組みになっている。

隠された記憶[DVD] 隠された記憶[DVD] 最安価格: ¥4,104 『ピアニスト』『ファニーゲーム』の巨匠ミヒャエル・ハネケ監督が放つ“深層心理”サスペンス!
Dear Pyongyang - ディア・ピョンヤン[DVD] Dear Pyongyang - ディア・ピョンヤン[DVD] 最安価格: - 日本で生まれ育ったコリアン2世の映像作家ヤン・ヨンヒが10年の歳月を費やし、朝鮮総連の活動に人生を捧げた両親、北朝鮮に帰国した兄たちを記録した感動ドキュメンタリー

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi