「るろ剣」釜山でも大人気! 佐藤健が4000人のファンに韓国語で挨拶 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2012年10月6日 > 「るろ剣」釜山でも大人気! 佐藤健が4000人のファンに韓国語で挨拶
メニュー

「るろ剣」釜山でも大人気! 佐藤健が4000人のファンに韓国語で挨拶

2012年10月6日 18:30

釜山国際映画祭で舞台挨拶に立った佐藤健と大友啓史監督「るろうに剣心」

釜山国際映画祭で舞台挨拶に立った佐藤健と大友啓史監督
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 現在開催中の第17回釜山国際映画祭で10月5日、オープニングシネマ部門で上映された「るろうに剣心」の舞台挨拶に主演の佐藤健大友啓史監督が登壇。およそ4000人の観客を前に佐藤は、自己紹介とともに「今日は来て下さってありがとうございます。映画を楽しんでください!」と韓国語で呼びかけた。

1994~99年に「週刊少年ジャンプ」(集英社)で連載された、和月伸宏氏の人気剣客漫画が原作。NHK大河ドラマ「龍馬伝」を手がけた大友監督が、独立後はじめてメガホンをとり、実写映画化した。

本作にとって釜山が初の海外上映ということもあり、外国の観客の反応が気になっていたという佐藤と大友監督は、急きょ観客と共に本編を鑑賞した。佐藤は「どう感じてもらえるか不安が大きかったけど、会場の反応がすごく良かった。言葉や文化の違う海外で伝わるというのはすごく特別なこと。多くの方に温かく迎えられて、しかも一緒に鑑賞できて、上映後にジーンときちゃいました」とい感慨深げ。大友監督は「笑ったり、どよめいたり、お客さんの反応を肌で感じることができた」と、手ごたえを感じていたようだ。

8月25日に全国329スクリーンで封切られ、10月4日までに観客動員225万人、興収28億円を突破した。今後は同映画祭での上映のほか、ドイツ、メキシコ、台湾など66の国と地域での公開が決定している。また、本作はハリウッド・レポーター紙が同映画祭の「Hot Asian Titles10」の中の1本に、日本映画から唯一選ばれ、海外からの注目が高まっている。

るろうに剣心~明治剣客浪漫譚~ 追憶編 ディレクターズカット[DVD] るろうに剣心~明治剣客浪漫譚~ 追憶編 ディレクターズカット[DVD] 最安価格: ¥6,402 フジテレビ系にて放映された、和月伸宏原作による剣客アニメのOVAシリーズ全4作を編集・総括したディレクターズ・カット版が遂に登場!
ロミオ&ジュリエット[DVD] ロミオ&ジュリエット[DVD] 最安価格: ¥3,618 人気、実力ともに急成長を続ける若手アクター佐藤健が、ロミオ役で初舞台、初主演!

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

  • 新感染 ファイナル・エクスプレスの評論 新感染 ファイナル・エクスプレス ゾンビ映画の新境地へと観客を運ぶ、究極の特急サバイバルアクション
  • エル ELLEの評論 エル ELLE バーホーベン×フランスの大女優の化学反応が、悪女映画の歴史を塗り替える。
  • ザ・ウォールの評論 ザ・ウォール 悪魔的スナイパーに狙われるシチュエーションスリラー。“壁”の象徴性も見逃せない
映画評論の一覧を見る
Jobnavi