松坂桃李、念願の役に「名前を刻めたことがうれしくてしょうがない」 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2012年10月6日 > 松坂桃李、念願の役に「名前を刻めたことがうれしくてしょうがない」
メニュー

松坂桃李、念願の役に「名前を刻めたことがうれしくてしょうがない」

2012年10月6日 14:10

初の単独主演に感無量の松坂桃李「ツナグ」

初の単独主演に感無量の松坂桃李
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 直木賞作家・辻村深月の小説を映画化した「ツナグ」が10月6日、公開初日を迎え、主演の松坂桃李、共演の樹木希林桐谷美玲橋本愛大野いと遠藤憲一平川雄一朗監督が都内の劇場で舞台挨拶に立った。本作で初の単独主演を務めた松坂は、「この役をどうしてもやりたかった。誰にもやらせたくなかった。幸せすぎてなんて言ったらいいか、自分の名前を刻めたことがうれしくてしょうがない。自分の名前がエンドロールで上がったときにグッときた」と感無量の面持ちだった。

死者との再会を望む人と死者を一度だけ再会させる仲介人“ツナグ”という仕事を祖母(樹木)から受け継いだ青年(松坂)が、他人の人生に深くかかわっていきながら成長していく姿を描く。

全国でおよそ150媒体もの取材をこなしたという松坂は、「数えてみたら、樹木さんとプロモーションで過ごした時間が撮影期間を上回った。宣伝部さんなど現場以外で頑張ってくれている人々のことは、主役じゃなければ分からなかった」と感謝の意を述べた。樹木も多数の取材に応じ、「保護者というか父兄のような気持ちで一緒にプロモーションしてきた。そしてこの成長ぶり! これで安心してご無礼いたします」とほっと安堵。松坂はそんな樹木を、「底が知れません。長い時間一緒にいたけれど結局何もつかめず。どこまですごい方なのか」と敬服したが、当の樹木は「底なし沼の樹木希林です」ととぼけ、笑いを誘っていた。

恋人と死に別れた役を演じた桐谷は、「苦しくて大変だったけど、その分思い入れも深い。本当に心からこの作品ができて良かった」と笑顔を見せた。親友を失うという難しい役どころを演じた橋本も、「一字一句が勝負どころで、毎日毎回どんな何気ないシーンでも、思いをかけながら大事に演じた」と感慨深げ。遠藤は、「こんな強面で『アウトレイジ』でなく『ツナグ』に出させていただき不思議な感じ。小さい頃から(母親役の)八千草薫さんにあこがれていたけど、現場ではあっという間に息子の気分にさせてくれた」と振り返った。

梅ちゃん先生 完全版 DVD-BOX 1[DVD] 梅ちゃん先生 完全版 DVD-BOX 1[DVD] 最安価格: - 3人兄妹の末っ子・下村梅子が様々な経験を経て、地域の人々に支えられながら町医者となり高度経済成長期を生きていく姿を描くドラマ。出演:松坂桃李
わが母の記[DVD] わが母の記[DVD] 最安価格: ¥3,652 昭和の文豪・井上靖の自伝的小説を、豪華キャストで描く親子の絆の物語。出演:樹木希林

フォトギャラリー

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi