ゲイリー・ロス監督が明かす「ハンガー・ゲーム」の味わい方 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2012年10月5日 > ゲイリー・ロス監督が明かす「ハンガー・ゲーム」の味わい方
メニュー

ゲイリー・ロス監督が明かす「ハンガー・ゲーム」の味わい方

2012年10月5日 16:00

前作「シービスケット」では、自らの脚本がアカデミー賞ノミネート「ハンガー・ゲーム」

前作「シービスケット」では、自らの脚本がアカデミー賞ノミネート
(C)2012 LIONS GATE FILMS INC. ALL RIGHTS RESERVED.
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 全米で興行収入4億ドル突破という空前のヒットを決めた話題作「ハンガー・ゲーム」。早くもシリーズ化が決定した同作で、監督と共同脚本を務めたゲイリー・ロスが語った。

「まず、うちの子どもたちが原作の大ファンだったんだ」と同作との出合いを振り返るロス監督。「夜10時から読み始め、約3時間で一気に読み終えた。そして“この作品は絶対に僕が撮る”と思った。すっかり虜になったんだ」と作品にかかわろうと思った経緯を明かした。

一部の富裕層が支配する独裁国家で、貧しい人々の反乱を防ぐための見せしめとして行われる“ハンガー・ゲーム”。設定だけを聞くと、単なる「SFアクション映画」と思いかねないが、監督はこの考えを否定する。

「これは主人公の成長物語だ。序盤のカットニスは自分と家族の生き残りのためだけに戦うが、ゲームを通して人間性に目覚め、自分より他者を思うことを学んでいく。そして、生き残るよりも大切なことに気づくんだ。この点が素晴らしいね」

ロス監督が「生まれながらのハンター」と称するカットニスを演じるのは、「ウィンターズ・ボーン」で、すでにアカデミー賞主演女優賞ノミネート経験を持つジェニファー・ローレンス。同役に当たっては、肉体的トレーニングとオリンピック選手の指導によるアーチェリーの訓練を受け、全身全霊をかけて撮影に臨んだ。ロス監督は「彼女はカットニスそのものなんだ」と、ローレンスに最高の賛辞を送る。そして、「運動神経に優れ、野性味と強い精神力を持っている。なによりすごいのが、彼女には不可能な演技というものがなにひとつないんだ。正直に言うが、彼女なしではこの映画は作れなかった」とまで言う。

物語は、愛する妹を守るために身代わりとなってハンガー・ゲームに出場するカットニスが、彼女の強さと誠実さを武器に壮絶なサバイバルを生き抜き、そして周囲の人々の心を変えていくさまを映し出す。

「今回、観客には主人公の視点で物語を追ってもらう。彼女が知る以上のことは分からないままだ。製作側の意図としては、作品を見ながら“自分はカットニスなんだ”と主人公に同化してもらいたい。常に主人公の目線で話が進むようストーリー展開を意識して、カットニスが知らない事実は観客にも伏せてある。臨場感が増すからね。彼女になりきって作品を味わってほしいんだ」

ハンガー・ゲーム」は公開中。

カラー・オブ・ハート[DVD] カラー・オブ・ハート[DVD] 最安価格: ¥927 1950年代の白黒TVドラマの世界へタイムスリップしてしまった兄妹の騒動を描いた、奇想天外のファンタジードラマ。監督・脚本・製作:ゲイリー・ロス
X-MEN:ファースト・ジェネレーション ブルーレイBOX〔初回...[Blu-ray/ブルーレイ] X-MEN:ファースト・ジェネレーション ブルーレイBOX〔初回...[Blu-ray/ブルーレイ] 最安価格: - 「X-MEN」シリーズ5作品を収録したブルーレイBOX!「X-MEN:ファースト・ジェネレーション」「X-MEN」「X-MEN2」「X-MEN:ファイナル ディシジョン」「ウルヴァリン:X-MEN ZERO」の5作品を収録。出演:ジェニファー・ローレンス

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

  • 新感染 ファイナル・エクスプレスの評論 新感染 ファイナル・エクスプレス ゾンビ映画の新境地へと観客を運ぶ、究極の特急サバイバルアクション
  • エル ELLEの評論 エル ELLE バーホーベン×フランスの大女優の化学反応が、悪女映画の歴史を塗り替える。
  • ザ・ウォールの評論 ザ・ウォール 悪魔的スナイパーに狙われるシチュエーションスリラー。“壁”の象徴性も見逃せない
映画評論の一覧を見る
Jobnavi