「アルゴ」のベン・アフレックが明かす「イーストウッドは僕のお手本」 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2012年10月5日 > 「アルゴ」のベン・アフレックが明かす「イーストウッドは僕のお手本」
メニュー

「アルゴ」のベン・アフレックが明かす「イーストウッドは僕のお手本」

2012年10月5日 19:00

アラン・アーキンを演出中のベン・アフレック監督(右)「アルゴ」

アラン・アーキンを演出中のベン・アフレック監督(右)
(C)2012 WARNER BROS. ENTERTAINMENT INC.
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 1979年にイランで起きた米大使館人質事件で、実際に行われた前代未聞の救出作戦を描く「アルゴ」の監督・製作・主演を務め、アカデミー賞ノミネートの呼び声も高まるベン・アフレックに聞いた。

「間違いなく、クリント・イーストウッドは尊敬しているし、僕のお手本だよ」と、アフレックは言う。同じ俳優出身の映画監督。作風の類似性がよく指摘されるのも周知の通りだ。

「彼とは少しだけ話したことがあるんだ。『ザ・タウン』の音楽をワーナー・ブラザーズにあるイースウッド・スコア・ステージでレコーディングしていて、あるときエンジニアたちが突然話すのをやめた。それで『どうしたの?』って後ろを振り返ったら、クリント・イーストウッドがふらっと入ってきた。“スター”に会って、あれほどドキドキしたこともなかったよ。僕はあわてて『クリント、こんにちは。どうぞ入って来てくださいよ』って言った。そうしたら彼が『いや、僕はちょうど立ち寄っただけなんだけど。何を作っているの?』って言うから、『ええと……警察と強盗の物語です』って答えた。すると『ああ、僕もそういう映画は何本かやったことはあるよ』ってね(笑)」

イーストウッドの低い声を真似て冗談っぽさを醸し出すアフレックだが、「彼は本当に素晴らしい人だから、僕は彼みたいな人になるのを目指している。でも、それはかなり高い目標であることは自覚しているんだけどね」と、イーストウッドへの尊敬が満ちあふれる。

そのアフレックが3度目のメガホンをとった「アルゴ」は、“ウソの映画製作”をでっちあげ、ロケハンに来た撮影クルーとして人質を救出するCIAエージェントの姿を描く一級のエンタテインメント。だが、単なる娯楽作には終始せず、アラブ諸国と欧米がいまなお抱える問題にも真しに迫ろうとする。

「僕がこの脚本の好きな部分は、説教臭くなることなく、僕らの国というのは果たして海外の指導者たちのやっていることに加担できるほど、本当にものが分かっているのか、という疑問を提示するところだ」と言う。そして、「イランとの問題は現在も引き続き抱えていることもあるわけで、それがこの映画の大事な下敷きとなって、今の時代においても重要な意味を持つと思うんだ」。

ちなみに、アフレック監督作としては、今作が初の“ボストン以外で撮影された”作品。前2作の監督作だけではなく、直前の出演作「カンパニー・メン」もボストンが舞台だった。

「そんなことをやり続けていたら、誰も僕をニュー・イングランド地方(ボストンのある米東海岸)以外の作品で雇ってくれなくなる(笑)」

アルゴ」は10月26日より全国公開。

グッド・ウィル・ハンティング 旅立ち[Blu-ray/ブルーレイ] グッド・ウィル・ハンティング 旅立ち[Blu-ray/ブルーレイ] 最安価格: - 癒されない孤独を抱える2人の男の心の交流を描いた、マット・デイモン、ベン・アフリック共同脚本で贈る珠玉のハートウォーミング・ムービー。
カンパニー・メン[DVD] カンパニー・メン[DVD] 最安価格: ¥3,201 ベン・アフレックを筆頭に、トミー・リー・ジョーンズ、クリス・クーパー、ケビン・コスナーという豪華アカデミー賞受賞俳優たちが奏でる人生再起の物語。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

  • 新感染 ファイナル・エクスプレスの評論 新感染 ファイナル・エクスプレス ゾンビ映画の新境地へと観客を運ぶ、究極の特急サバイバルアクション
  • エル ELLEの評論 エル ELLE バーホーベン×フランスの大女優の化学反応が、悪女映画の歴史を塗り替える。
  • ザ・ウォールの評論 ザ・ウォール 悪魔的スナイパーに狙われるシチュエーションスリラー。“壁”の象徴性も見逃せない
映画評論の一覧を見る
Jobnavi