ジョブズ死去から1年、ピクサーとディズニーの今後は? : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2012年10月4日 > ジョブズ死去から1年、ピクサーとディズニーの今後は?
メニュー

ジョブズ死去から1年、ピクサーとディズニーの今後は?

2012年10月4日 13:10

ジョブズ氏死去から間もなく1年

ジョブズ氏死去から間もなく1年
写真:ロイター/アフロ
[拡大画像]

[映画.com ニュース] スティーブ・ジョブズ氏が2011年10月5日に死去してから、間もなく1年となる。アップルのカリスマ経営者としてIT業界を牽引したジョブズ氏だが、ピクサー・アニメーション・スタジオの設立者として、そして、ピクサー売却後はディズニーの役員として映画界にも影響を及ぼしてきた。ジョブズ氏亡き後の、ピクサーとディズニーの今後をバラエティ紙が分析した。

この1年間で、ディズニーの株価は約70%アップした(アップルは86%アップ)。戦略や製品開発に数年間を要することから、ディズニーはまだジョブズ氏の影響下にあるといえる。調査会社GovernanceMetrics Internationalのアナリストは、「ディズニーはトレンドに依存している会社です。流行を読み違えると、容易にトラブルに陥ります」と、分析する。

実際、2006年にピクサーを買収する前は、ディズニーはトレンドを読み違えていた。その後、役員となったジョブズが1人で立て直したわけでは決してないが、その影響は決して少なくない。たとえば、07年にディズニーは、赤字のディズニー・クルーズラインを他社に売却しようとしていたが、ジョブズ氏はこれに反対。ディズニーのブランドイメージは、自社で管理すべきと主張した。現在、ディズニー・クルーズラインの営業は順調で、年間の占有率94%を維持している。

また、他社に売却したディズニー・ストアを買い戻すように働きかけたのも、ジョブズ氏だった。ディズニーに対するジョブズ氏の最大の貢献はもちろんピクサー・アニメーション・スタジオで、同社は順調にヒットを飛ばしている。ディズニーならびにピクサーは中短期的には問題ないが、長期となると不透明だと、アナリストは言う。両社がジョブズ氏の先進的な戦略と基本理念をどれだけ維持できるかにかかっていると言えそうだ。

トイ・ストーリー ブルーレイ・トリロジー・セット[Blu-ray/ブルーレイ] トイ・ストーリー ブルーレイ・トリロジー・セット[Blu-ray/ブルーレイ] 最安価格: - 米ディズニー&ピクサーが贈る、感情を持ったおもちゃたちが繰り広げる冒険と友情を描いた長編フルCGアニメーション「トイ・ストーリー」のBDトリロジー・セット!「トイ・ストーリー」「トイ・ストーリー2」「トイ・ストーリー3」の3作品を収録した、特典ディスク付きの4枚組Blu-ray BOX。
ピクサー・ショート・フィルム&ピクサー・ストーリー 完全保存版[DVD] ピクサー・ショート・フィルム&ピクサー・ストーリー 完全保存版[DVD] 最安価格: ¥3,004 アニメーション史に常に輝かしい功績を残し続けるピクサー・アニメーション・スタジオが、長編同様に最高の技術と情熱を注ぎ込んで生み出した短編アニメーション作品の中から、アカデミー賞受賞3作品とノミネーション5作品を含む計13作品を一挙収録。ジョン・ラセター、スティーブ・ジョブス、ジョージ・ルーカス、トム・ハンクスらの貴重な証言を挟みながら綴る、ファン必携の完全保存版。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

  • 新感染 ファイナル・エクスプレスの評論 新感染 ファイナル・エクスプレス ゾンビ映画の新境地へと観客を運ぶ、究極の特急サバイバルアクション
  • エル ELLEの評論 エル ELLE バーホーベン×フランスの大女優の化学反応が、悪女映画の歴史を塗り替える。
  • ザ・ウォールの評論 ザ・ウォール 悪魔的スナイパーに狙われるシチュエーションスリラー。“壁”の象徴性も見逃せない
映画評論の一覧を見る
Jobnavi