ダニエル・クレイグ主演「007」最新作の主題歌はアデル2年ぶりの新曲 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2012年10月3日 > ダニエル・クレイグ主演「007」最新作の主題歌はアデル2年ぶりの新曲
メニュー

ダニエル・クレイグ主演「007」最新作の主題歌はアデル2年ぶりの新曲

2012年10月3日 18:00

「007 スカイフォール」主題歌はアデルの新曲「007 スカイフォール」

「007 スカイフォール」主題歌はアデルの新曲
Skyfall (c)2012 Danjaq, LLC, United Artists Corporation,
Columbia PicturesIndustries, Inc. All rights reserved.
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 第54回グラミー賞で最多6部門に輝いた英シンガーソングライターのアデルが、人気スパイシリーズの最新作「007 スカイフォール」の主題歌に、2年ぶりの新曲「スカイフォール」を書き下ろしたことがわかった。同シリーズが50周年を迎えたことを記念して「ジェームズ・ボンドの日」に制定された10月5日の午前0時7分(イギリス時間)に、アデルの公式サイトで公開される。

同楽曲は、グラミー賞を獲得した大ヒットシングル「ローリング・イン・ザ・ディープ」に続き、アデルとポール・エプワース氏がタッグを組み、77人の大規模なオーケストラとともにレコーディングを行った。世界的ヒットシリーズの主題歌を担当したアデルは「最初はちょっと及び腰だったの。ジェームズ・ボンドの曲といえば、ものすごく大きな注目が集まるし、プレッシャーも大きいから。でも、脚本を読んで文句なしに気に入ったし、ポール・エプワースもいろいろ面白いアイデアを出してくれていたから、気が付いたらこれをやらない手はないって思うようになったのよ」と述懐。そして、「あらすじに合わせて曲を書くことは本当に楽しかった。60歳になったときには、きっと髪をとかしながら『私は昔ボンド・ガールだったんだから』なんて言っているはずよ!」と喜びのコメントを寄せている。

007 スカイフォール」は、「007 カジノ・ロワイヤル(2006)」「007 慰めの報酬」に続き、クレイグがジェームズ・ボンドを演じるシリーズ第23作。シリーズ初となるオスカー監督サム・メンデス(「アメリカン・ビューティー」)がメガホンをとり、ジュディ・デンチ扮するボンドの上司Mを中心に物語が展開する。ボンドが、MI6壊滅を目論む元MI6エージェントを相手に壮絶な戦いを繰り広げる。12月1日から全国で公開。

007 製作50周年記念版 ブルーレイBOX〔初回生産限定〕[Blu-ray/ブルーレイ] 007 製作50周年記念版 ブルーレイBOX〔初回生産限定〕[Blu-ray/ブルーレイ] 最安価格: - 「007」シリーズ50周年を記念したコレクションBOX。第1作『ドクター・ノオ』から第22作『007/慰めの報酬』までを収めるほか、貴重な映像を満載した特典ディスク付き。出演:ダニエル・クレイグ
アメリカン・ビューティー[DVD] アメリカン・ビューティー[DVD] 最安価格: ¥991 リストラされた中年男レスターが、ある日娘の親友に一目惚してしまい…。隣家に新しい住人が来た事で崩壊していく家庭をシニカルに描く。監督:サム・メンデス

フォトギャラリー

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi