瀧本美織「ミステリーは苦手」も宮部みゆき原作ドラマに意欲 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2012年10月2日 > 瀧本美織「ミステリーは苦手」も宮部みゆき原作ドラマに意欲
メニュー

瀧本美織「ミステリーは苦手」も宮部みゆき原作ドラマに意欲

2012年10月2日 07:00

「パーフェクト・ブルー」の製作発表会見の模様「パーフェクト・ブルー」

「パーフェクト・ブルー」の製作発表会見の模様
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 人気作家・宮部みゆきの長編デビュー作を連続ドラマ化する「パーフェクト・ブルー」の製作発表会見が10月1日、都内で行われ、主演の瀧本美織をはじめ、平山あや根岸季衣白鳥久美子(たんぽぽ)、寺脇康文財前直見が出席した。

同名小説を大胆にアレンジし、さらに宮部の短編ミステリー集「心とろかすような─マサの事件簿」で起こる事件を織り交ぜる一話完結ドラマ。女性ばかりの探偵事務所が難事件に挑む。瀧本は主人公の女探偵・蓮見加代子を演じるが「ミステリーは苦手なんです。小説を読んでいても、いつも最後まで犯人がわからなくて(笑)」。それでも「現場は和気あいあいとした雰囲気で、皆さんに甘えています。人と人の気持ちに寄り添える探偵を演じられれば」と意欲を見せた。

探偵事務所の所長で、加代子の母・杏子を演じる財前は「ほのかな親子関係に、ホッとしてもらえれば。ただ、探偵ものなのに、変装するシーンがないのは残念(笑)」。瀧本から「財前さんはいたずら好き。今朝の撮影でも、川をのぞきこむ私を後ろからドーンと押した」と暴露されると、「まだまだ序の口よ」と不敵な笑みを浮かべていた。

事務所近くでバーを営むマスター役の寺脇は映画「模倣犯」、ドラマ「火車」に続き宮部作品に出演するのは3度目で「現場は女性だらけですからね、恥ずかしいくらい楽しいですよ」と満面の笑み。平山、根岸、白鳥が個性豊かな探偵事務所の面々を演じており「マネージャーの夜の生態を調べてほしい」(平山)、「宛名不明で手紙が戻ってきた人がどうしているのか調べてほしい」(根岸)、「相方(川村エミコ)にカレシがいないか知りたい」(白鳥)と探偵に“依頼”したいことを語っていた。

TBSドラマ「パーフェクト・ブルー」は10月8日夜8時から放送。

美男ですね コンプリートDVD-BOX[DVD] 美男ですね コンプリートDVD-BOX[DVD] 最安価格: ¥16,006 シスターになるため修道院で修行していた双子の妹が、歌手デビューが夢だった兄になりかわって大人気バンドの新メンバーに加入することに。自分が女であることを隠しながらドキドキハラハラの共同生活がスタートするのだが…。出演:瀧本美織
模倣犯[DVD] 模倣犯[DVD] 最安価格: ¥5,145 宮部みゆき原作によるベストセラー小説を森田芳光監督が主演に中居正広を迎えて映画化したサスペンス作品。東京を舞台に、メディアを巻き込んだ猟奇的連続殺人事件を描く。出演:寺脇康文

フォトギャラリー

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi