キアロスタミが日本で撮影した「ライク・サムワン・イン・ラブ」が釜山映画祭へ : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2012年10月1日 > キアロスタミが日本で撮影した「ライク・サムワン・イン・ラブ」が釜山映画祭へ
メニュー

キアロスタミが日本で撮影した「ライク・サムワン・イン・ラブ」が釜山映画祭へ

2012年10月1日 12:30

「ライク・サムワン・イン・ラブ」の一場面「ライク・サムワン・イン・ラブ」

「ライク・サムワン・イン・ラブ」の一場面
(C)mk2/eurospace
[拡大画像]

[映画.com ニュース] イランの名匠アッバス・キアロスタミ監督が日本を舞台に撮影した「ライク・サムワン・イン・ラブ」が、10月4日から開催の第17回釜山国際映画祭へ正式招待され、主要キャストの奥野匡高梨臨加瀬亮の3人がそろって映画祭に参加する。

友だちのうちはどこ?」「桜桃の味」で知られるキアロスタミの最新作。独自の演出方法を用い、キャスト陣にあらかじめ台本を手渡されることはなかったという。前作「トスカーナの贋作」で光った会話劇のスタイルを踏襲し、今回も真実と虚構の入り混じる独特の世界をつくり上げた。

80歳を超え現役を退いた元大学教授のタカシ(奥野)がデートクラブに所属する女子大生・明子(高梨)を部屋に招く。翌朝ふたりにばったり出会った明子の婚約者ノリアキ(加瀬)が、タカシを明子の祖父と勘違いしたことから、運命の歯車が狂いだす……。

コンペ出品された今年のカンヌ映画祭では、観客から温かい拍手が沸き上がった本作、釜山の観客からの反応が楽しみだ。「ライク・サムワン・イン・ラブ」は公開中。

トスカーナの贋作[DVD] トスカーナの贋作[DVD] 最安価格: ¥3,652 『友だちのうちはどこ?』『桜桃の味』ほか数多くの名作で知られる巨匠アッバス・キアロスタミが、初めて有名キャストを起用して描いた作品。これはラブストーリーなのか、それともミステリーなのか?果たしてこの男女の本当の関係は!?夜にたどりつけない男と女。偽りの“夫婦”は、愛の迷路を彷徨う。夜9時の鐘の音が鳴るまでに…。
生きてるものはいないのか[DVD] 生きてるものはいないのか[DVD] 最安価格: ¥3,201 病院に併設された大学キャンパスで、学生たちはいつもの午後を過ごしていた。病室を抜け出す娘、妹を探す怪しい男、三角関係の学生と喫茶店員、アイドル大学生─。そんなありふれた日常に、突然最後の瞬間が近づいてくる…。出演:高梨臨

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi