園子温監督「地獄でなぜ悪い」で初のエンタメ作 國村隼、堤真一ら6人主演 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2012年9月21日 > 園子温監督「地獄でなぜ悪い」で初のエンタメ作 國村隼、堤真一ら6人主演
メニュー

園子温監督「地獄でなぜ悪い」で初のエンタメ作 國村隼、堤真一ら6人主演

2012年9月21日 07:30

「地獄でなぜ悪い」で園子温監督作に初出演する國村隼と堤真一「キル・ビル」

「地獄でなぜ悪い」で園子温監督作に初出演する國村隼と堤真一
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 鬼才・園子温監督が、最新作「地獄でなぜ悪い Why Don't you play in hell?」で初めてエンタテインメント作品を手がけていることがわかった。主演の國村隼堤真一二階堂ふみ友近長谷川博己星野源という個性豊かな6人が、それぞれの役どころに命を吹き込むべく撮影に臨んでいる。

今作は、「アクション映画を撮りたい!」と思った園監督が、15年以上前に執筆したシナリオに加筆。その出来栄えについては、「『キル・ビル』っぽいと言われることもあるけれど、先にシナリオは書いていたので、どこか似ていたとしてもそれは偶然です(笑)。とにかく過激で、しかもいろんな要素がてんこ盛り。だから、いろいろなジャンルの方にお声掛けさせていただきました。今回は純粋にお客を楽しませられればいいと思っています」とコメントを寄せている。

物語は、ある理由から憎しみ合う武藤と池上を中心に、武藤の娘で女優のミツコ、映画監督の平田、通りすがりの普通の男・公次が絡み合うことで、事態は風雲急を告げる。二階堂以外の5人は、園監督と初タッグ。娘のために映画を撮ろうと躍起になる武藤に扮する國村は、「今回のお話をいただいた時、まず園監督とご一緒したいと思い即決でした(笑)。もちろん、いただいたシナリオも面白くて、とんでもない世界の中に美しい言葉が弾丸のように飛び交う素晴らしいものでした」と、園監督との相思相愛ぶりを披露した。

堤が演じる池上は、武藤は憎いが娘のミツコに恋をするという役どころ。園監督の第一印象は、「とてもシャイな方だと感じましたが、映画の話をし出すと止まらない。本当に映画のことが好きなんだなあと思い、『ぜひ一緒にやってみたい!』と出演を決めました」と明かす。また、「今回は極道の男を演じますが、全体的にはコメディなので、あんまり意気込みすぎないようにしています」と語っている。

ほかの3人も、気合をみなぎらせている。「園監督は、演者がもともと持っているものや持っていないものまでを最大限に引き出してくださる、救世主みたいな方だとイメージしております。私も園監督によって化けさせていただけたら」(友近)、「こんな映画のこんな役を演じてみたかった。まさに“待ち望んでいた役”。映画の神様ありがとう! 念願の園作品を満喫したいと思う」(長谷川)、「シナリオを読んでぶっ飛びました。とんでもない熱量。毎日の撮影が本当に楽しくて、興奮しっぱなしです。皆さんが大喜びするような作品になると思います」(星野)。

ミツコ役の二階堂は、園監督作「ヒミズ」での演技が認められ、ベネチア国際映画祭で新人賞にあたるマルチェロ・マストロヤンニ賞を染谷将太とともに受賞。今回は「楽しくて、面白くて、激しい、竜巻の中にいるような現場です。行きかう映画愛と愛すべき人たちをご期待ください」と自信のほどをうかがわせている。

「地獄でなぜ悪い Why Don't you play in hell?」は、2013年3月から全国で公開。

園子温 監督初期作品集[DVD] 園子温 監督初期作品集[DVD] 最安価格: ¥18,225 園子温の原点である初期作品集が待望のリリース!!『男の花道』ほか初DVD化10作品、また園監督がこのBOXの為に完成させた、幻の未完成作品として伝説になっていた『BAD FILM』を含む、『自殺サークル』より前の初期作品15作品を収録!
アウトレイジ[Blu-ray/ブルーレイ] アウトレイジ[Blu-ray/ブルーレイ] 最安価格: ¥3,629 豪華個性派俳優たちが集結した、「BROTHER」「座頭市」以来となる北野武監督作品。ヤクザ界の生き残りを賭けた壮絶な権力闘争を描くバイオレンス・アクション・エンターテイメント!!出演:國村隼

フォトギャラリー

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi