野村萬斎「のぼうの城」1年越しの公開に感無量 ド派手プレミアでいざ出陣! : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2012年9月20日 > 野村萬斎「のぼうの城」1年越しの公開に感無量 ド派手プレミアでいざ出陣!
メニュー

野村萬斎「のぼうの城」1年越しの公開に感無量 ド派手プレミアでいざ出陣!

2012年9月20日 18:12

1年越しの公開を喜ぶ野村萬斎らキャスト陣「のぼうの城」

1年越しの公開を喜ぶ野村萬斎らキャスト陣
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 累計発行部数130万部を突破した和田竜のベストセラーを映画化した「のぼうの城」のジャパンプレミアが9月20日、東京・六本木ヒルズアリーナで行われ、主演の野村萬斎をはじめ、榮倉奈々成宮寛貴山口智充上地雄輔山田孝之佐藤浩市、共同でメガホンをとった犬童一心監督と樋口真嗣監督が出席した。

本作は昨年9月17日に公開予定だったが、東日本大震災の発生を受け、劇中の見せ場である“水攻め”の表現が時節柄ふさわしくないと判断され、公開が延期されていた。それだけに萬斎は「公開が1年延びましたが、こうして皆さんのお目に触れることになり素直にうれしい。笑って泣いて、びっくりしてズッコケて(笑)。ぜひ活力をもらって、劇場をあとにしてもらえれば」と感無量の面持ちだった。

現在の埼玉県行田市に位置する武蔵国忍城を舞台に、“のぼう様(でくのぼうの意)”と領民から慕われる城代・成田長親(萬斎)が、天下統一を目指す豊臣秀吉方2万人の大軍を指揮した石田三成の水攻めに、わずか500人の兵で対抗する歴史スペクタクル。萬斎は「周りからでくのぼうと呼ばれているだけで、どういう思考回路をもっている男なのか(シナリオに)書かれていないから、役作りには悩んだ」と述懐。「待ち時間1時間、撮るのが1分なんてことも。それでもツワモノがそろっているので、飽きることがなかった」と豪華な共演陣をたたえた。

時代劇に初挑戦した榮倉は「2カ月ほど練習したのに、乗馬のシーンがカットされた」と恨み節。「いや、ひとつ残っています」(樋口監督)、「僕が切りました」(犬童監督)とかぶとをかぶった両監督が丁々発止のやりとりを披露した。佐藤は「そもそもなんで監督がふたりだったの?」と素朴な疑問。それでも「最初は戸惑ったが、だんだん妙に融合し、うまく化学反応が現れた」と異色の現場にも手ごたえを感じていた。

8月には第36回モントリオール世界映画祭でプレミア上映され、上地が現地入りし「向こうのお客さんのリアクションがとても大きかった」。滝をイメージした水のカーテンをバックに、ステージ前方では炎が上がるというド派手な演出のなか、キャスト陣は汗だくになりながら「壮大な時代劇であると同時に、重厚な人間ドラマ」(成宮)、「家族三代、いや四代で楽しめる映画」(山田)、「僕の衣装にはそでがないので、二の腕フェチの方に楽しんでもらえれば」(山口)とアピール。犬童監督は「スケールの大きな娯楽映画が作れて満足。面白くてつい5回も見ちゃった」と自信をみなぎらせ、樋口監督も「監督がふたりいると、演出は“当社比2倍”でツインターボを搭載しているような感覚」と本作の“出陣”に胸を張った。

映画には野村、榮倉らプレミア出席者に加えて、市村正親鈴木保奈美西村雅彦平泉成夏八木勲前田吟尾野真千子芦田愛菜ら豪華な顔ぶれがそろう。

のぼうの城」は、11月2日から全国で公開。

陰陽師[DVD] 陰陽師[DVD] 最安価格: ¥5,054 平安時代、最強の陰陽師・安倍晴明の活躍を描いた作品。監督は滝田洋二郎、出演は野村萬斎。
ジョゼと虎と魚たち Blu-ray スペシャル・エディション[Blu-ray/ブルーレイ] ジョゼと虎と魚たち Blu-ray スペシャル・エディション[Blu-ray/ブルーレイ] 最安価格: ¥3,201 ごく普通の大学生・恒夫。最近バイト先では、乳母車を押す婆さんが噂になっていた。ある日恒夫は、坂道を走ってくる乳母車を見つける。中には包丁を振り回す少女がいた。それが恒夫とジョゼの出会いだった。監督:犬童一心

フォトギャラリー

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

  • ジャスティス・リーグの評論 ジャスティス・リーグ ユーモアのリミッター解除。DCのスーパーヒーロー集結は王道の勧善懲悪が爽快!!
  • 希望のかなたの評論 希望のかなた フィンランドの心優しき酔いどれ詩人が紡ぐ、明日への希望
  • 光(大森立嗣監督)の評論 光(大森立嗣監督) この抜き差しならない悲劇は、不可解な問いかけとして観る者の内部に深く沈殿する
映画評論の一覧を見る
Jobnavi