米当局、反イスラム映画の製作者を事情聴取 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2012年9月19日 > 米当局、反イスラム映画の製作者を事情聴取
メニュー

米当局、反イスラム映画の製作者を事情聴取

2012年9月19日 22:30

[映画.com ニュース] アラブ諸国で暴動やデモを引き起こすことになった反イスラム映画「Innocence of Muslims」の製作者が、アメリカ当局の任意聴取を受けたと、ハリウッド・レポーター紙が報じた。

聴取を受けたナクーラ・バスリー・ナクーラ氏は2009年に銀行詐欺で有罪となり、現在は保護観察期間中という立場にある。ちなみに「Innocence of Muslims」は、イスラム教の預言者ムハマンドを侮辱する内容の短編映画で、7月にYouTubeにアップ。最近になってその存在が広く知られるようになったことから、中東で反米デモが拡大。リビアではアメリカ大使ら4人が殺害される惨事を引き起こしている。

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi