松崎しげる、「愛のメモリー」“デッド寿司バージョン”を浅草で熱唱! : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2012年9月17日 > 松崎しげる、「愛のメモリー」“デッド寿司バージョン”を浅草で熱唱!
メニュー

松崎しげる、「愛のメモリー」“デッド寿司バージョン”を浅草で熱唱!

2012年9月17日 21:00

松崎しげる(右)と井口昇監督「デッド寿司」

松崎しげる(右)と井口昇監督
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 開催中の「したまちコメディ映画祭」(浅草公会堂ほか)で9月17日、フィリピン発の異色ムービー「レミントンとオカマゾンビの呪い」が上映され、特別ゲストとして来年公開の「デッド寿司」の井口昇監督と松崎しげるが登場。両作品の共通点や魅力について語ると共に松崎はヒット曲「愛のメモリー」の“デッド寿司バージョン”を熱唱した。

レミントンとオカマゾンビの呪い」は、オカマをからかったために大人になったらオカマになるという呪いをかけられた少年の恐怖を描いた作品。井口監督は「キワモノに思われそうですが、映画愛に満ちていて実はハートウォーミングな映画」と絶賛。日本人にはなじみのないフィリピン映画についても「意外にもハリウッドの影響を強く受けていてメジャー感が強い」と語った。

作品のテイストが近いということでこの日のゲストに呼ばれた井口監督だが、その最新作は、活きの良すぎる寿司が人間に襲いかかるという「デッド寿司」。元々、「片腕マシンガール」「ロボゲイシャ」など日本のみならず海外で高い評価を受けているが、今回の「デッド寿司」は「これまでで最も海外からのお呼びの声が強い」(井口監督)とのこと。「こんな映画、誰が見るんだ? と思いつつもやってみたらすでに20カ国以上からお呼びがかかってます」と監督自身が誰よりも驚いているよう。すでにネット上での海外版の予告編の再生は100万回を突破しているということで今後の展開に期待がかかる。

空手歴10年の武田梨奈が主人公の少女を演じており、松崎は主人公を助ける元寿司職人として出演している。井口監督は「寿司と互角に戦うにはパワーのある人じゃなくてはいけなかった。松崎さんに寿司と戦う姿を見せてほしかった」と憧れの存在である松崎へのオファーの理由を説明。松崎は「台本を見てどうなるかと思ったけど、井口監督が好きなんですよ」と笑顔を見せた。

予告編では“凶器”と化した寿司が人の口の中で暴れるなどハードな描写も見られるが、松崎は「最後まで見ると寿司を愛くるしく感じるんですよ」と意外な感想を漏らす。井口監督も「食欲がわいた、寿司が食べたくなったという声が多いです」とアピールした。

さらにこの日は、井口監督が「デッド寿司」の物語を反映させた特別版の歌詞を執筆し、松崎が名曲「愛のメモリー」に乗せて熱唱した。寿司ネタが散りばめられたあまりにくだらなすぎる歌詞に「今日以外は歌わない。バカヤロー(笑)!」と顔をしかめながらも、下町育ちの松崎にとって「遊び場」という浅草での晴れ舞台に感激の面持ち。「10歳の頃に東京タワーができて、いまはスカイツリーまでできて、戦後のいろんなものを見てきたけど、62歳になって『デッド寿司』とは……」と感慨深げに語った。

デッド寿司」は2013年正月第2弾で新宿武蔵野館にて公開。

『電人ザボーガー』スペシャルエディション[Blu-ray/ブルーレイ] 『電人ザボーガー』スペシャルエディション[Blu-ray/ブルーレイ] 最安価格: - あきらめるな、立ち上がれ!板尾創路主演で贈る、壮大な特撮オペラ!秘密殺人強盗機関Σ(シグマ)に父を殺され、復讐を誓った大門豊。彼は地球の平和を守るため、亡き父が作った変形型バイクロボット「ザボーガー」と共に日々闘い続けていた。そんな大門の前に敵の女サイボーグ・ミスボーグが現れ…。監督・脚本:井口昇
噂の刑事 トミーとマツ トミーBOX[DVD] 噂の刑事 トミーとマツ トミーBOX[DVD] 最安価格: ¥15,852 昭和54年10月から昭和56年3月まで放映された刑事ドラマ。新米のお坊ちゃん刑事と型破りの先輩刑事のコンビが騒動を巻き起こしながらも事件を解決していく。出演:松崎しげる

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

  • ジャスティス・リーグの評論 ジャスティス・リーグ ユーモアのリミッター解除。DCのスーパーヒーロー集結は王道の勧善懲悪が爽快!!
  • 希望のかなたの評論 希望のかなた フィンランドの心優しき酔いどれ詩人が紡ぐ、明日への希望
  • 光(大森立嗣監督)の評論 光(大森立嗣監督) この抜き差しならない悲劇は、不可解な問いかけとして観る者の内部に深く沈殿する
映画評論の一覧を見る
Jobnavi